2020年3月6日、中央線を走るE233系0番台八トタH44編成が長野総合車両センターから出場回送しました。

川崎重工製では初となる改造

https://twitter.com/e257_e233_Nogi/status/1235759198165581824?s=19

グリーン車連結への対応工事とトイレ設置に伴い2019年11月17日に長野総合車両センターに入場したE233系H44編成は、改造後構内試運転を経て豊田車両センターに出場回送しました。川崎重工製の編成の施工は今回が初めてです。

トイレが設置された4号車の車番は「モハE233-244」から「モハE233-844」に変更されていました。また本来なら前面に設置されるであろうホーム検知器は設置されませんでした。これには入場期間が長かった影響ではないかという声もありました。

トイレは2020年3月14日から利用できるようになります。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/03/05/122246
https://japan-railway.com/entry/2020/03/05/140747
https://japan-railway.com/entry/2020/03/02/181700

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事