JR東日本の試験車両E956形「アルファX(ALFA-X)」が2019年12月15日未明に400km/h試験をしたということです。Twitter上で高速で通過する様子が話題となっています。また、今回「アルファX」としては初めての400km/h走行となったようです。

「アルファX」初の400km/h試験の様子

https://twitter.com/tobirabito/status/1206106541402640386?s=20

一ノ関駅~第一北上川橋梁の途中まで、約400km/h走行だったとのことで動画内で400km/hから360km/hまで減速したとのことです。

別の方は400km/hでトンネルから出てくる様子を撮影

すさまじいスピードなのが動画から分かります。明らかに360km/hよりはスピードが速いですよね。今後400km/hの試験から得られた騒音や乗り心地のデータがJR東日本から発表されるのを期待しましょう。

JR東日本に関連する鉄道ニュースはこちら

https://japan-railway.com/entry/2019/12/15/182330
https://japan-railway.com/entry/2019/12/13/141657
https://japan-railway.com/entry/2019/12/07/143137

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事