2020年3月7日、17000系17102編成が日立製作所笠戸事業所から東京地下鉄綾瀬綾瀬車両基地に甲種輸送されました。

有楽町線・副都心線の新型車両

甲種輸送は新鶴見機関区所属のEF210-121の牽引で行われました。今回は東京地下鉄の車両である17000系を他社線であるJRの線路を経由して輸送しているので配給ではなく甲種輸送です。

17000系は現在有楽町線・副都心線で約45年走っている7000系の置き換えのために開発・製造されている車両です。今回の17102編成は17000系としては2編成目になります。置き換えが進むにつれて7000系の撮影で荒れていくのではないでしょうか。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/03/04/132022
https://japan-railway.com/entry/2020/03/03/135337
https://japan-railway.com/entry/2020/03/03/121028

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事