【宇都宮LRT(路面電車)建設状況まとめ】 宇都宮駅東口~ベルモール前駅~平出町駅

宇都宮駅東口の宇都宮LRTの完成状況です。左側の画像が宇都宮駅東口駅建設予定地ですが、階段がある以外は特に建設は進んでいません。また、右側の画像は宇都宮駅東口から宿郷町駅に向けて出てくるところですが、こちらも特に進捗はありません。

東宿郷~今泉町間の陸橋については現在2車線となっていますが、陸橋の架け替えや車線の拡幅工事などはなく、右側1車線が道路と線路の併用区間となるのか、軌道と道路の間にポールが設置されるのかは分かりません。

こちらについては現在のところ工事はされていませんが、陸橋自体がLRTを想定されて作られたものではないため、まず初めに補強工事が行われる予定です。2020年5月~2021年1月まで行われます。

ベルモール前付近は直進レーンは2車線・右折レーンが1車線、ベルモール前駅ができても車線が削られるわけではないので渋滞にはそれほど影響はなさそうですね。

ここに関しては現在のところ目立った工事はありません。

平出町駅付近の様子です。左側の画像は元々あった中央分離帯を撤去している工事が終わましたが、下水管や電力線の移設工事が引き続き行われています。そのため、一部車線が変則的に中央に曲げられています。

平出町付近から作新学院北までの区間は道路と分離して走行し、通常の鉄道軌道になって走行します。また、そのまま道路に沿って行くと迂回してしまうため、LRTは左側の画像の道路から向かって右側へ分離する経路になっています。

新四号国道の下を軌道が通る予定となっていますが、こちらの方は新四号国道の中央分離帯を撤去した上で、車両サイズにあったトンネルを作る予定です。新四号国道の手前にLRTの車両基地が設置されるということで、既に造成工事が始まっています。

ただ、初期の段階の造成工事だけで2020年度中の完成となっており、時間は意外とかかる見込みです。

今回は車両基地の工事状況も考慮して平石中央中学校付近まで迂回することにしました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事