2019年12月2日、 近鉄12200系(スナックカー)NS51編成が五位堂検車区から定期検査を終えて出場しました。

この際に12200系(スナックカー)登場時の復刻塗装に塗り替えられたことが分かりました。

近鉄12200系スナックカーNS51編成が復刻塗装に塗り替え

この写真を見ていただくとよくわかると思いますが、左がNS51編成、右が従来のスナックカーの塗装となっています。

特徴としては従来のスナックカーの塗装と比較してオレンジが薄く、紺色は濃くなっています。

一般人には見分けがつきませんが、微妙に色が違うことが分かります。

12200系は新型名阪特急「ひのとり」で置き換え

近鉄のお客様センターに問い合わせたフォロワーさんのツイートより

12200系スナックカーは2020年春に登場する「ひのとり」で間接的に置き換えとなります。

↓予想記事はこちらへ↓

https://japan-railway.com/entry/2019/11/18/123437

そのため、近鉄12200系スナックカーが走るのも、あと数年といったところでしょう。

今回の復刻塗装に塗り替えも引退が近いということのしるしではないでしょうか?記録はお早めに。

ちなみに南大阪線は旧塗装が消滅した模様です。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2019/11/28/233747
https://japan-railway.com/entry/2019/12/04/124735
https://japan-railway.com/entry/2019/12/04/141921

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事