2020年3月3日、常磐線全線開通に向けて増備されたE531系K482編成とK483編成から総合車両製作所横浜事業所から出場しました。

今年度最後の増備車

DE10に牽引されて出場したE531系K482編成とK483編成は、その後主に東海道線で試運転が行われました。普段は品川止まりの常磐線車両が横浜駅に停車している様子を見ることもできました。また2月3日に出場した編成と同様に側面の車端部に安全確認カメラが取付済みの状態で出場で今年度の増備車出場はこれで最後となります。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/02/04/221444
https://japan-railway.com/entry/2020/02/29/055116

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事