定期預金はもう古い?Suicaでお金が貯まる!驚異の1.5%還元!

定期預金よりSuicaでお金が貯まる!驚異の1.5%還元!

定期預金は貯まるものと思っていませんか?

しかし、実際はSuicaのほうがお金が貯めることができます

非常にお得な情報ですので、ブックマークをしてまた見れるようにしておくことをお勧めします。

また、SuicaはJR東日本で発行していますが、関西圏やそのほかの地域で利用する仕方も紹介していますので是非最後まで見てみてください。

Suicaを貯めるためにビューカードというクレジットカードが必要となりますが、注意点がたくさんありますのでそれについては後で詳しく解説します。

では、Suicaの何がお得なのか説明していきます!

定期預金とSuicaのお金の貯まり方の何が違うの?

何がお得なのか、分かりやすく定期預金とSuicaのお金の貯まり方について表にまとめてみました!

f:id:kintetsulovehirahata:20181231162001p:plain

見てもらうと分かりますが、100万円チャージすると1万5000円分ポイントが付与されます。(ポイントはSuicaに1ポイント1円で交換可能)

また、定期預金にある年数の縛りもないので使いたいとき使う分だけチャージすることができます。1000円単位ならの少額チャージでもポイントの還元率は1.5%で変わりません。

Suicaでポイントを貯めるメリット

ICカードでの運賃の支払いにポイントが付いた形に

JR東日本以外でもクレジットカードはありますが、現金をクレジットカードで電子マネーに交換でき、ポイントの還元率が1.5%になっているカードはビューカードだけ!

Suicaは全国で相互利用のICカードなので関西などでも使えます!

Suicaならポイントの取りこぼしがゼロ!

電子マネーのポイントでは支払い時にポイントが付与されるのが一般的ですが、Suicaならチャージ時にポイントが付与されます。

2万円チャージすると300円分のポイントが付きます。

支払いの時にポイントが付くと108円で1ポイントの場合、100円の時はポイントを取りこぼしてしまいますよね?それの取りこぼしがゼロということです。

普通列車グリーン車に700円分のポイントで乗車できる

普通列車グリーン車に平日に乗ると50km以下で780円、51km以上で980円かかります。

しかし、Suicaでポイントを貯めると700円分のポイントを交換し、乗車することができます。

980円の区間では280円得して乗ることができます。

2019年6月末までは600ポイントで交換することができます。

↓普通列車グリーン車についてはこちら↓

イオンやAmazon、すかいらーくなどでSuicaの支払いができる

Suicaでイオンのほか、ガストやバーミアンなどのすかいらーくの店舗、そのほかAmazonではインターネットを利用した決済を使用して支払いをすることができます。

年会費が無料かポイントで還元するカードが多い

ビューカードでは年会費が500円かかりますが、毎月ウェブ明細にすると毎月50ポイント戻ってくるため、年会費以上がポイントとして帰ってきます。

また、ビックカメラSuicaカードなどは年に1回でも利用があれば年会費が無料になるものもあります!

Suicaにポイントを貯めるときの注意点・デメリット

Suicaに現金をチャージするだけではポイントは貯まらない

皆さんもご存じだと思いますが現金でのチャージではポイントは付かないです。

今回紹介した1.5%ポイントがつく方法はビューカードでSuicaをチャージする方法です。そのためまずビューカードが必要となります。クレジット機能を利用してSuicaにチャージすると考えるとわかりやすいと思います。

JR以外のサービスではクレジットカードのポイント還元率が0.5%で低め

SuicaのチャージとJR東日本のサービス(乗車券・定期券など)では1.5%の還元率ですが、公共料金や買い物でSuicaが使えず、クレジットカードで支払いをしてしまうと0.5%の還元率に下がってしまうという欠点があります。

アメとムチがうまいですよね・・・

Suicaの上限は2万円

Suicaは2万円のため、上限を超えるときの買い物にSuicaは使用できません。となると他のクレジットカードに頼るしかないですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Suicaを使いつつ2万円以上の買い物でもポイントを貯めるお勧めの方法

Suicaは2万円以上は支払いができないほか、JR東日本以外のサービスの公共料金ではポイント還元率が0.5%になってしまいます。

自分がお勧めするのはビューカードと楽天カードの2刀流でポイントを確保していく方法です。(楽天カードの公式サイトはこちら

公共料金やクレジットカードのみが使えるところは楽天カードの支払いで1%還元!

電車に乗るときやコンビニやイオンなどでSuicaが使えるところでは1.5%還元!

この方法が一番ポイントが貯まると思うのでお勧めです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です