電車でGO!新型コンパクト型筐体で旧作が遊べる?!「VRモード」「復刻モード」であの懐かしの作品も!

電車でGO!新型コンパクト型筐体で旧作が遊べる?!「復刻モード」であの懐かしの作品も!

f:id:kintetsulovehirahata:20190126102625p:plain
https://twitter.com/taito_zuntata/status/1088674541507760130)から引用

1月25日から1月27日まで幕張メッセで開催される「ジャパンアミューズメント エキスポ 2019」にて、今度導入される電車でGO!新型のコンパクト型筐体で「復刻モード」として旧作が遊べる可能性が出てきました。(今回の出展ではプレイすることができます。)

電車でGO!の新型コンパクト型筐体と大型筐体との変更点

今回出展された新型コンパクト型筐体と現在運用されている大型筐体との変更点を紹介していきます。

画面と筐体の小型化

f:id:kintetsulovehirahata:20190126102625p:plain
https://twitter.com/taito_zuntata/status/1088674541507760130から引用

画像を見てもらうとわかりますが、従来の筐体と比較して小型化がされていて、特に画面と筐体の間が少し狭くなった感じがしますね。小型化に伴いスピーカーも画面の下に吊り下がるようについています。

復刻モードの実装

f:id:kintetsulovehirahata:20190126105827j:plain
https://twitter.com/tamasu01/status/1088671400259244032)から引用

復刻モードとして「初代 電車でGO!」が今回のエキスポで実装されていました。今後ほかの旧作品が実装されるかもしれませんね。

ただ、復刻モードが導入されたら料金はどうなるんでしょうか?ミスをするまで運転を継続できるのか、それとも区間当たりの料金なのかその辺も気になりますね。

それにしても昔の筐体がスピーカーまで再現されていて驚きです。行った方によると「処理落ち」まで実装されているようです(笑)

VRモードの実装

VRモードは参考出展として試験的に実装されたものになります。専用のデバイスを手首にセットして指差し喚呼できるそうです……!

おそらく店頭でプレイしているときにはこの機能の実装は難しいと考えられます。(人員の配置が必要なため。あるいは専用のデバイスを買ってもらう?)

もし実装されたらリアル度が増して、「電車でGO!中毒」になる人が続出しそうですし、より多くの方にプレイしてもらえると思うので、アイデア自体はいいと思いますね。

ここは温かく見守りましょう(笑)

ジャパンアミューズメント エキスポ2019の様子

関連記事

↓キッズ版電車でGO!「でんしゃでゴー」について↓

↓電車でGO!阪神電車 実装について↓

207hd.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です