お知らせ 記事投稿者募集!報酬も用意しています

大阪メトロ民営化成功! 大阪市には納税と配当で約100億円の財源を確保 1年で営業利益11%増で

大阪メトロが2019年3月期連結決算で民営化わずか1年で営業利益を11.2%も増加させたと発表しました。

大阪メトロ民営化成功の理由は?

大阪市営地下鉄から民営化して1年で大阪メトロが成功した理由として、忙しい不動産事業や経営管理部門の部署には人員を増やして残業代などの削減するなど、社員の人的資源の効率的な配置、部品調達の際のコストカットが民営化に成功した理由と言えるでしょう。

大阪メトロの民営化の成功を大阪市長も想定を大幅に上回ったと評価

また、大阪市長によると民営化による営業益は想定を大幅に上回ったと評価。そのうえで、大阪市には納税と配当を合わせて約100億円と明かしました。

逆にこの結果から、大阪市営地下鉄時代には毎年10%も損をしていて、役所至上主義の人達にとっては不都合な真実だったと語った。

関連記事

参考文献

1)読売新聞(https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20190305-OYO1T50009/)

気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す