リニューアルされたE257系2000番台新塗装が初めてお目見え 今後は185系置き換えで東海道線で「踊り子」などで活躍予定 全車指定席化に備えて着席ランプも

2019年3月7日、E257系0番台をリニューアルしたE257系2000番台(NA09編成)が長野から大宮に回送(配給)されたとのことです。

今回リニューアルされたE257系2000番台は今後は東海道線の特急「踊り子」などに使用され、現在使用されている185系を置き換え、今後活躍の場を増やしていきそうです。また、所属も大宮車両センター所属に今回から変更となります。

また、E257系0番台と前面のデザインが大きく変更となりました。

今回出場したNA09編成はまだ全ての改造が終わっていないという情報もあり、今後に注目です。

E257系2000番台の気になる内装は?

座席が青を基調として新しくなりコンセントも設置

撮影 (@airsection様)

窓側のみコンセントが設置され、座席は水色を基調として、新しく新調されたものと思われます。

また、荷棚の部分をよく見た頂くと、着席ランプがついています。もしかすると今後「踊り子」も全車指定席になっていくのでしょうか?それとも臨時列車に充てるためでしょうか?今後に注目ですね。

荷物置き場も設置か?

撮影 (@airsection様)

また、今回の改造で一部窓を塞いで新たに荷物置き場とした箇所が従来の0番台との違いになります。おそらく、前後の先頭車両(クハ)のみとなっている可能性が高いです。

グリーン車の座席も新しく 半室から全室グリーン車に

撮影者(hakutakae7様)

グリーン車の座席は普通の座席と異なり、革張りのシートになっています。しかし、グリーン車ながら元普通車からの改造となっており、座席と窓枠のずれ、画像からは確認できませんが、もしかするとコンセントにもずれがあるかもしれません。

NA09編成配給当日の様子

※最初の画像も@airsection様の画像を引用させていただきました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です