阪神なんば線開業10周年「阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念グッズ」発売 20日から 17日に先行販売も

2019年3月20日の阪神なんば線開業10周年に合わせて「阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念グッズ」を発売する。

3月17日には先行販売が大阪難波駅西改札外で行われる。

「阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念グッズ」の発売内容

3月17日の先行販売について

近鉄公式プレスより

先行販売は通常販売より若干数量を減らして販売となります。

発売は大阪難波駅西改札外のみで行われ、2019年3月17日(日)10時00分~15時00分の予定ですが、売り切れ次第終了となります。

また、お一人様 1 種類につき2個限りの発売となります。

3月20日からの通常販売について

近鉄公式プレスより(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/10syunenguzzu.pdf)

通常販売は阪神電車では梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮、新開地の各駅長室で発売します。

近鉄では大阪難波、大阪上本町、名張、大和西大寺、京都、大阪阿部野橋、橿原神宮前、近鉄名古屋、近鉄四日市、津、宇治山田の各駅営業所で、京都・大阪・奈良・愛知・三重の5つの府県で発売されます。

また、恒例のピンバッジは阪神と近鉄それぞれで発売します。

なくなり次第終了で、数量限定、 お一人様 1 種類につき2個限りの発売となります。

17日の先行販売と20日からの通常販売では記念グッズの他、イベント限定グッズも発売します。(今回のプレスでは発表されなかったため、当日のお楽しみですね)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です