お知らせ 記事投稿者募集!報酬も用意しています

189系信越線塩尻~長野間「おはようライナー」ラストラン

3月15日、189系で運転される信越線塩尻~長野間「おはようライナー」ラストランを迎え、先ほど15日8時10分に終点の長野駅に到着した。

189系電車は碓氷峠をEF63と共に越える特急「あさま」などの運転に使われたが1975年ごろに製造された車両の老朽化や新型車両の誕生で、現在現役で残っているのはN102編成6両編成のみとなった。

今回189系を切符を使って乗れる機会は今回で最後となり、残るは長野~軽井沢間の旅行商品専用列車となります。

「おはようライナー」どうして廃止に?

3月15日の信州毎日新聞によると「乗車率も50%以下に低迷していた。」とあり、やはり地域の方々からすると乗車整理券320円を払って乗ることに多少抵抗感があったり、近距離の利用が多かったのではないでしょうか?

また、車両は「当面は車両基地に保管する。」そうで、廃車回送されるまでの間は車両基地に保管されるということになります。

189系自体のラストランはいつ?

(https://www.jreast.co.jp /nagano/pdf/190214-01.pdf)より

3月28日長野~軽井沢間で運転される旅行商品専用列車がラストランとなる予定で、往年の特急「あさま」が走っていたルートで走ります。(抽選販売で完売済み)

189系信越線塩尻~長野間「おはようライナー」ラストランの様子

塩尻駅

189系「おはようライナー」最後の雄姿

地元住民が「おはようライナー」を見送る姿も

189系のさよなら放送も

終点の長野に到着

関連記事

気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す