【大阪・関西名物?】炭水化物に炭水化物を食べるお好み焼き定食はあり?なし?

今回、一度は食べてみたい大阪名物・関西名物(?)のお好み焼き定食を食べてみたので紹介していきたいと思います。

お好み焼き定食とは?

筆者撮影

お好み焼き定食とは、ご飯とみそ汁、漬物などの他にお好み焼きがついている定食のことを言います。

今回「錦わらい」というお店でランチタイムに「豚玉ハーフ定食」を注文したところでは焼きそばもついてきました。

「お好み焼き・焼きそば定食」といったところでしょうか?

最初は炭水化物に炭水化物を食べるのはおかしいと思いましたが、お好み焼きを「おかず」にしてご飯を食べると意外とこれがいけるので、ぜひ食べたことのない人は食べてほしいです。意外とハマるかもしれません。

余談ですが、ソースも最初にかかっているものの他に「甘口ソース」「辛口ソース」である程度は好みに合わせて味を変えられるので楽しかったです。個人的には「辛口ソース」がおいしかったです。

お好み焼き定食は大阪の名物?お好み焼きは「おかず」らしい

Twitterでお好み焼き定食についてツイートしている人を見てみると、やはり大阪では常識だと思っている人も多いみたいです。大阪以外の人がお好み焼き定食を知らないことに驚いている様子です。

また、お好み焼き定食のお好み焼きは「おかず」、ごはんが「主食」という認識のようです。

大阪以外の人からはお好み焼き定食に驚きを隠せない様子

大阪以外の人からは、炭水化物に炭水化物を食べる大阪の人に対して驚きを隠せない様子で、ツイートをされた方は「今世紀いちの驚き」と表現するくらい驚いています。

関東人でもラーメンにチャーハンを食べる人はいますけど、さすがに「主食」であって「おかず」ではないですよね。

お好み焼き定食は不思議ですね。

皆さんはお好み焼き定食はありですか?なしですか?

よかったらコメントしていってください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です