2019年平成最後のGW10連休は混雑はヤバい!2週間前から飛行機・新幹線の指定席の空席もわずかの状態 飛行機と新幹線と高速バスの空席状況まとめ

平成最後となるGWは「令和」に改元のため、今年のGWは10連休(4月27日~5月6日まで)となっています。

すでにGW開始2週間前から、新幹線や飛行機では朝から夕方にかけて満席の状態となっています。

当サイトでは空席状況をGW終了までリアルタイムで更新していきます。

GW10連休と夏休み期間との混雑の違い

新幹線や飛行機に関してはほとんど違いはありませんが、高速バス(特に夜行バス)に関しては混雑が予想されます。

高速バスは時間こそかかるものの料金が安いのが特徴です。しかしながら、夏休み期間は高速バスと同じくらい安い「青春18きっぷ」はGW10連休中は発売されないため使用できません。そのため、「青春18きっぷ」で移動するような人は今回のGWは旅行しない人が多そうです。

通常料金でJRの普通列車に乗ってもコスパが悪いですから、新幹線や飛行機に変更する人もいますが、多くの人は少しでも安く済ませようと高速バスに変更するでしょう。そういったわけで高速バスを利用しようと考えている人は注意が必要です。

GW2週間前の新幹線・高速バス・飛行機の全体的な混雑状況まとめ

GW2週間前の全体的な混雑状況です。(また、空席状況は時間により変化しますのであらかじめご了承ください。情報は4月16日15時現在の情報です。)

交通機関は最も混雑する東京~大阪間を主に記載します。そのための東京~新潟など他の区間では空席がある場合があります。詳しくは実際の混雑状況をお確かめください。(新幹線は東海道新幹線(東京~新大阪)、飛行機はANA(羽田~伊丹)、高速バスはバス比較ナビの検索結果を基準に考えます。)

空席ありと表示されていても座席が選べないことも

また、新幹線や飛行機に関しては空席ありと表示されている列車についても人気の高い、A席(窓側の席)とDとE席(2人掛けの席)は満席の場合もあるため家族などグループで移動する場合には注意が必要です。4人グループの場合は2人と2人に座席が分かれます。(スマートEXや指定席券売機などではシートマップで座席を選択できない場合が多くなっています。)

下りの新幹線の混雑状況(東京→地方)

いわゆる帰省ラッシュと呼ばれている期間の混雑状況についてまとめました。

4月27日と4月28日の混雑状況

GW初日の4月27日と4月28日では東京駅を出発する始発から16時まで、グリーン車を含める指定席でほぼ満席となっています。ただし、16時以降であればまだ空席はあります。満席の時間帯で自由席で移動を考えている人は1時間以上は列に並ぶことを覚悟した方がいいでしょう。(家族や友人を不快な思いをさせてしまうので早めに指定席を取ることや日程をずらすなど考えた方がよさそうです。)

4月29日~5月3日までの混雑状況

4月29日~5月3日までは指定席は東海道新幹線では始発から12時ごろまでほぼ満席となっており、座席を選ぶことは難しそうです。ただし、夕方や夜など混雑を避けた時間帯ではまだ空席はあります。

5月4日~5月6日までの混雑状況

5月4日から5月6日に関しては空席が多くありますが、残席わずかな列車もあるので注意が必要です。

上りの新幹線混雑状況(地方→東京)

4月27~28日までの混雑状況

4月27日~28日は7時から12時までの新幹線で満席の列車が出始めています。それ以外の時間ではまだ空席があります。

4月29日~5月4日までの混雑状況

4月29日~5月4日までは12時から17時までの列車で残席わずかか、満席の列車が出始めてきています。それ以外の時間帯ではまだ空席があります。

5月5日~5月6日までの混雑状況

5月5日~5月6日までは11時から終電までほぼ満席となっています。(ただし、19、20、21時台はまだ残席ありの列車があります)自由席ではかなりの混雑が見込まれます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

飛行機の混雑状況(東京→地方)

4月27日~4月29日までの混雑状況

4月27日~4月29日まではすべての時間帯で空席わずかか、満席となっています。株主優待割引はすでに満席となっているかキャンセル待ちになっています。

4月30日~5月4日までの混雑状況

4月30日~5月4日までは空席がある時間帯もありますが、残席がわずかになっている便もあります。また、株主優待割引については多くの便でキャンセル待ちや満席となっていますが、早朝に空席の便があります。

5月5日~5月6日までの混雑状況

5月5日と5月6日はまだ空席がありますが、株主優待割引についてはキャンセル待ちになっている便があります。

飛行機の混雑状況(地方→東京)

4月27日~4月28日までの混雑状況

早朝から日中にかけての便で空席わずかになっています。夕方からの便はまだ空席があります。株主優待割引については12時過ぎまでほぼ満席になっています。

4月29日~4月30日までの混雑状況

空席はまだありますが、4月30日の夕方から株主優待割引の残席がない便が多くなっています。

5月1日~5月5日までの混雑状況

まだ空席はありますが、株主優待割引の残席がない便が多くなっています。

5月6日までの混雑状況

17時ごろまで空席がある便がありますが、17時以降最終便までプレミアムシートを含めすべて満席となっています。また株主優待割引は早朝の一部便を除いて満席となっています。

スポンサードリンク

高速バスの予約状況(東京→地方)

今回のGW2週間前では最安値の価格帯は9000~4700円でした。

今回全体的にかなり価格が高く4列シートでも1万円を超える強気の価格設定も見られました。

また、3列独立シートでは1万3000円から1万5000円の価格帯で新幹線指定席の値段とあまり大差がない価格となっています。

高速バスでは4月26日のGW前日から掲載します。また、検索にヒットした件数も表示します。

4月26日~4月30日までの混雑状況

検索ヒット数は63件~97件で29日と30日で夜行便で空席が若干多いですが、空席が多いのは4列シートのバスで、値段が9000円から1万円と3列独立シートと価格差が少ないため、3列独立シートを選ぶ人が多く残席わずかとなっています。

ただし、昼間走行する高速バスは満席か残席わずかになっています。

5月1日~5月5日までの混雑状況

検索ヒット数は67件から90件で8300円~7400円の価格帯で前半の期間よりはかなり価格は下がってきているといった感じです。空席もまだあります。

5月6日の混雑状況

検索ヒット数は98件で最安値は5000円前後でまだ残席はあります。

高速バスの予約状況(地方→東京)

逆区間では東京発ほどかなりの混雑ではなかったため、全体的な混雑状況を記載します。行きのみ高速バスを使い、帰りは他の交通機関を使う人が多そうです。

GW全体の混雑状況

価格帯は9000円~6720円でした。夜行バスでは全体としては空席がありますが、7000円台のバスについては残席わずかとなっています。昼間を走る高速バスでは残席わずかで、すでに満席となっている日もあります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です