天皇皇后両陛下在位中最後となる行幸啓 平成最後のお召列車が運転 賢島~近鉄名古屋間でしまかぜ車両を使用して運転

2019年4月19日、平成最後となるお召列車が近鉄線の賢島~近鉄名古屋まで運転されました。

4月17日~4月19日の間、伊勢神宮での儀式や宿泊先の志摩観光ホテルで過ごされていました。4月19日には近鉄の他、名古屋~東京間では東海道新幹線によるお召列車も運転される予定です。

↓今回運転されたお召列車の詳しい日程はこちらから↓

4月17日にもお召列車が運転されたが、東京駅では異例の安倍総理がお見送り

通常のお召列車では総理大臣がお召列車のために東京駅に来るというのは異例で、今回天皇両陛下の在位中最後ということもあってか安倍総理も足を運んでいました。それだけ今回のお召列車の運転は特別なものであったと思われます。

またこの日も近鉄名古屋~宇治山田間でお召列車が運転されていました。

4月19日の平成最後のお召列車の様子

19日午前10時から10時半の間に賢島駅を出発しました。(交通規制情報から推測)

11時ごろ鳥羽~池の浦を走行

沿線で最後のお召列車を見送る人も

近鉄名古屋駅では天皇両陛下を見ようと到着1時間前から混雑

関連記事

↓2019年に京都~橿原神宮前間で運転されたお召列車はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です