大阪・舞洲のネモフィラ祭りは混雑状況 バスの積み残しも 楽しみ方も紹介 

今回はGW中に大阪府舞洲(まいしま)で開催されているネモフィラ祭りに行ってきたので、混雑具合や楽しみ方についてレポートしていきたいと思います。

なお、取材は2019年5月2日に行ったため、日にちによって混雑状況など多少異なる点はご了承ください。

ネモフィラ祭りまでのアクセスルート

ネモフィラ祭りまでは鉄道のみでのアクセスはできず、どのルートでもバスに乗り継ぐ必要があります。

バスでのアクセスでは

  • 西九条駅(JR・阪神)から出ている大阪シティバス81系統
  • JR桜島駅から出ている北港観光バス
  • 大阪メトロのコスモスクエア駅から出ている北港観光バス

があります。(3パターン)

今回は大阪メトロのコスモスクエア駅から北港観光バスに乗り、ネモフィラ祭りに向かいました。

コスモスクエア駅でのバスの混雑状況

大阪市営地下鉄時代のマークが・・・(通称マルコマーク)

10時15分ごろ、大阪メトロに乗り、コスモスクエア駅に到着しました。

早速バス乗り場に並んだわけですが・・・

なんだこれは・・・

着いた時にはかなりの人数が並んでいました。

乗れないかと不安になりましたが、10時30分のバスにぎりぎり乗ることができました。(バスは約30分間隔で運行しています。)

意外とバスは詰め込みできるんですね。

しかし、残念ながら積み残しとなってしまった方もいました。増便などはありませんでした。

運賃は前払いで210円。支払いは現金のみ。あらかじめ小銭は用意しておきましょう。

バスの運転手さんも「増便できないか?」というお客さんの問いに対して

「いっぱい、いっぱいでやらせてもらっています。ご協力お願いします。」といっていました。

運転手さん、本当にありがとうございました。

(乗車時にはお願いします。降車時にはありがとうございました。を言いましょう。筆者からのお願いです。)

ネモフィラ祭り会場からのバスの混雑状況

帰りの混雑はかなりひどかったです。(2日15時頃の状況です)

コスモスクエア駅行きは1台運行でしたが、積み残しは少なめ。最も混雑が少なかったです。

桜島駅行き2台運行体制 増発はありませんでした。

桜島駅行きは北港観光バスで2台運行でしたが、積み残し多数。

大阪シティバス運行の西九条駅行きは積み残し多数。約1時間待ち
大阪シティバス西九条駅行きは2台運行。増発はありませんでした。

西九条駅行きは大阪シティバスの2台運行でしたが、積み残し多数。最も利用する人が多かったです。

どのバスも増発はなく続行で2台で運転していました。

次々とタクシーに乗って会場を後にしていた方もいました

もうバスには乗れないと判断した人たちが、タクシーに乗ろうと列を作りそれなりに並んでいました。

1台当たり2000円から3000円程度で乗れるので、あまりにも待つようならタクシーを使いましょう。

ネモフィラ祭り会場に到着 しかし、入場までに並ぶ

ネモフィラ祭りの入場券売り場への列

私たちはわずかな交通渋滞に巻き込まれながらも、ネモフィラ祭りの会場に到着しました。(約3分遅れ程度)

しかし、またしてもネモフィラ祭りの入場券を買う人の長蛇の列に並ぶことになるのでした。(初日は列が遠くまで並んでいたそうです。)

午前11時ごろから列に並びましたが、約20分待ちでした。

昼過ぎにはもっと混雑していたので午前中までの入場をおすすめします。

ネモフィラ祭り会場に入場! 中で行われていた催し物についても紹介

ネモフィラがめちゃくちゃきれいでした(同行の平端さん撮影)

やっと、ネモフィラ祭りの会場に入れたのですが、今までの疲れを癒してくれるくらい、ほんとにネモフィラがきれいでした!

一度はやはり行くべきですね!

平成・令和の額縁を持って記念撮影

今回は新元号に改元ということもあって、「平成」・「令和」と書かれた額縁を持って記念撮影をしていました。

プロのカメラマンさんが写真を撮ってくれます。(スマートフォンで撮影してくれるサービスはありません。)

看板による値段の表示はありませんが、料金は1200円です。無料ではありませんので注意しましょう。

ヘリからネモフィラ祭りを楽しむ

乗り物好きはネモフィラとヘリを絡めて撮ってもいいかも

まさかとは思ったんですが、「ヘリに乗ってネモフィラを空から見る」催し物が開催されていました。

料金は1人約5200円だったと記憶しています。3人で約15300円と少し割引されていました。

意外と人気のようで、着陸しては次のお客さんを乗せ、離陸してひっきりなしに飛んでいました。

このヘリコプターではネモフィラ祭りの会場を3周ほど周回します。

是非、乗ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ネモフィラ祭り、おすすめのセットプラン

楽しいのはネモフィラ祭りだけではありません。入場料と他の周辺施設がついてくるセットプランがあります。

筆者がお勧めなのは「ゴーカート利用券のパック券」です。

ネモフィラ祭りの入場料は900円ですが、このセットプランでは大人2200円でネモフィラ祭りとゴーカートが一緒に楽しめるプランになっていて、通常利用より500円お得になっています。

ただ、混んでいて30分程度は待ち時間があるので時間に余裕をもっていきましょう。

予約不可で当日券のみ発売です。そのほかのパック券もありますが、ホテルでのランチのパック券(2種類)は11時時点ですでに完売していましたので、早めの購入をお勧めします。

ISK 大阪舞洲店でカートを楽しめる

今回はネモフィラ祭りの駐車場そばにある、ISK 大阪舞洲店でゴーカートを楽しみました。

初めて走行をしましたが、普段感じられない爽快感を味わえました。

初心者でも楽しめるのでお勧めです。

3周走行できるのですが、物足りないという方は10周走行などもありますし、これをきっかけに何回も来たい方は会員登録をすると会員価格になりお得になります。

後日、東生駒のサーキットで走ってしまいました

ISKさんは大阪舞洲だけではなく、東生駒にも店舗があるそうなので、奈良県の方はそちらの方もお勧めします。頑張れば5秒くらいは速く走れるようになります。

今回の記事で言いたかったことまとめ

バスの混雑についてですが

  • 朝から早めに動いて、早めに帰ろう
  • 桜島と西九条駅からのバスは増便されても積み残し
  • コスモスクエア駅からのバスが混雑は一番マシ
  • 1時間くらい待つならタクシー利用も考えよう

ネモフィラ祭りについては

  • 令和と平成の額縁の写真撮影は1200円
  • お金を出せばヘリからネモフィラを見れる
  • ネモフィラはきれいだから1度は行こう
  • ゴーカートのパック券を買うと沼にはまるぞ
  • ホテルのランチのパック券は朝に買おう

こんな感じです。最後まで見てくださりありがとうございました。よかったらTwitterなどでシェアお願いします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です