【悲報】大阪環状線今宮駅を中心に撮影地が立ち入り禁止へ 原因は撮り鉄のマナー違反・迷惑行為 201系引退目前で

大阪環状線の今宮駅を中心に撮影地が相次いで立ち入り禁止になっている。JR西日本が掲示した立ち入り禁止の紙には「マナーを守っていただけないため、立ち入り禁止にします」と書いてある。

原因は撮り鉄のマナー違反・迷惑行為によって列車の安全運行に支障が出ていると考えられる。

大阪環状線の撮影地が立ち入り禁止!なぜ?

大阪環状線を走る201系は2019年6月7日に引退を控えていて、JR西日本はこの前に迷惑行為を繰り返す撮り鉄に対して対策を講じる必要があったため、今回の撮影地での立ち入り禁止に踏み切ったと考えられる。

今後撮影地への立ち入り禁止の駅は拡大予定

大阪環状線の大正駅では専用の撮影場所が作る準備が行われている。これ以外の場所では撮影ができなくなる可能性もある。

今宮駅のほか、大正・西九条・野田で今後撮影禁止などの対策が講じられるとの情報もあり、撮り鉄にとっては大きなダメージとなりそうだ。

鉄道ファンの迷惑行為は列車内でも

撮り鉄の写真をきれいに撮らせないために、鉄道ファン同士で窓から顔や紙などを出す「嫌がらせ」が行われている。

しかし、これは大阪環状線を利用する一般の乗客に対しても迷惑をかけている。このような行為は同じ鉄道ファンとして「恥ずべき行為」であるとともに、一般の乗客からも冷たい視線を浴びることとなる。

撮り鉄を含め鉄道趣味自体も今回の立ち入り禁止で居心地が悪くなっている。

趣味の前に最低限、一般人としてのマナーを守ってもらいたいと思う。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です