【台風19号】東海道新幹線は12日は東京~名古屋は始発から終日運休 13日にかけても運転取りやめ・本数減を発表 新幹線・在来線は無手数料で払い戻し

JR東海によりますと、東海道新幹線は台風19号の影響で12日から13日にかけて本数を減らして運転、または運転を取りやめるとの予定を発表しました。

また、12日は始発から東京~名古屋間で終日運休を決定しました。また、名古屋~新大阪間でも本数を減らして運転の見込みです。

また、気象庁によると11日午後から強風が吹く見込みで11日からダイヤ乱れの可能性も否定できない状況です。

台風19号に伴う切符の払い戻しについては無手数料で行うとのことです。払い戻し方法については後述します。

※情報はJR東海から11日10時30分ごろ発表された情報と気象庁の台風19号についての情報に基づいて掲載しています。また、今後の台風の進路によって変更となる場合があります。

12日土曜日の運転状況について

影響する区間は時間によって異なるため、それぞれ分けてまとめてみました。

12日土曜日午前中

東海道新幹線は12日は東京~名古屋間で始発から終日運休します。名古屋~新大阪間も3本のみ運転となり、その後は終日運休となります。

ただし、気象庁によると11日午後から強風と大雨の影響を受けるため、11日午後以降からすでに遅れや運休する可能性もあります。

11日までに予想されている風速は東海・近畿地方で22m/s、最大瞬間風速は35m/sの予想です。12日にはさらに強い風が吹く見込みです。

13日の運休予定

13日は台風の影響が収まってからも安全確認が済むまでは運転は再開されません。そのため13日の運転再開時刻は未定となっています。

旅行の中止に伴う切符の払い戻し方法

切符の購入方法によって払い戻し方法が異なりますのでまとめてみました。

駅で購入した紙の切符での払い戻し方法

紙の切符での払い戻しについてはJR西日本・JR東海・JR東日本のJRの窓口で無手数料で払い戻しとなります。このうちJR西日本とJR東日本は切符の有効期限が10日から14日を含むものに限定しています。

お得な切符は発売箇所のみで払い戻しを行います。

スマートEXやe5489で購入した切符の払い戻し方法

それぞれシステム内での払い戻しが必要です。

ただし、スマートEXは乗車日の発車時刻を過ぎても無手数料で払い戻しはできますが、乗車日を過ぎての払い戻しはできません。払い戻しができるのは乗車日の23時29分までです。(システム上、23時30分以降は不可)忘れずに払い戻しをしましょう。

通常のスマートEX商品(早得以外)の取り扱い

乗車予定列車にJR線遅延での場合、通常のスマートEXの自由席・指定席では予定列車に乗れなかった場合にも同じ区間の新幹線自由席に乗車できます。

また、指定席については発車時間までにスマートフォンから無手数料で変更が可能で、万が一乗れなかったとしても後続の列車の指定席が空いていれば、駅窓口にて案内してもらえる可能性があります。

駅窓口が混雑していた場合にも乗車した列車でも指定席が空いていれば案内してもらえる可能性があります。

※ここでの駅窓口とはJR東海・JR西日本の新幹線の駅窓口をいいます

スマートEXの早得商品の取り扱い

改札入場、切符受け取りの有無にかかわらず、JR線遅延で乗車できなかった場合はすべて、駅の窓口での相談となります。また、窓口混雑時に乗車した列車で空席があれば指定席に案内してもらえる可能性があります。

早得商品の注意として自分自身で変更すると早得商品と通常商品との差額の支払いが生じます。そのため自分自身では変更しないことが大切です。

地下鉄やバスの遅延で乗り遅れた場合は運賃のみ払い戻しとなり、新たに予約が必要となります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

参考文献

https://jr-central.co.jp/notice/detail/info_00031.html

https://www.jma.go.jp/jma/press/1910/10c/201910101400.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です