【悲報】千代田線 営団6000系「根津メトロ文庫」30年の歴史に幕 老朽化と維持コスト増大で近々撤去へ

東京メトロ千代田線根津駅にある営団6000系の形をした図書館「根津メトロ文庫」が「近々」撤去される旨の張り紙がされ、今後は寄贈などはすべて断るという。「近々」がいつなのかは明記されていない。

「根津メトロ文庫」の設置は1989年ごろで、営団6000系の車両の形をした本棚が特徴で返却口は連結器の部分にあった。今年で設置から30年となるが、老朽化と維持コスト増大で今年で幕をおろすと思われる。

営団6000系の形をした「根津メトロ文庫」

(https://twitter.com/trta01/status/1186865577232498691)より

蔵書はすべて寄贈されたもので、返却日もないことから返却に関しては「借りた人の良心」にまかされていた。

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です