お知らせ 記事投稿者募集!報酬も用意しています

【京王の鉄道博物館】京王の元運転士さんから指導を受けながら運転体験!

今回は京王の鉄道博物館ともいえる「京王レールランド」に行ってきました。

「京王レールランド」の運転シミュレーターは全国でも珍しい元運転士さんに直接指導してもらえます。

皆さんにもぜひ行ってみてほしいので紹介します。

京王レールランドの運転シミュレーターは人数制で人数が多い場合には抽選制

1回に運転体験をできる人数が決まっていて(何人かは忘れましたが7人くらいだと思います)、人数内では先着順で時間が決まり、人数を越えてしまった場合は抽選となります。

利用には入場料の310円の他にコンテンツ利用料1回300円が必要です。2人で行ったので600円払いました。(子供たちが多かったら譲ろうと思いましたが、人数が空いていたので2人分にしました)

実際に運転体験をしてみた 指導してくれる人は京王の元運転士!

平端ひなさん

今回は平端ひなさんと一緒に運転体験をしてみました。運転するのが初めてということでしたが、運転指導をしてもらったことで無事停止位置に止めることができました。初めての方であっても「上手い運転ができる」ところが京王レールランドの運転体験の強みだと思います。(動画の撮影ができなかったのですが、ほんとにびっくりするくらいきれいに止められます)

ダイヤ自体が結構きつめなので、完全に自分で運転をすることもできますが、たぶん遅延します。(知らんけど)

今回運転指導してくださった方は京王の元運転士で、京王で「現役」だった時も「指導運転士」だったそうです。今回そんな方に運転指導いただいて値段以上の体験ができたと思います。現役の他社の運転士さんも腕試しに行ってみてはどうでしょうか?

難易度がいくつか分かれていて、初級は各駅停車、中級は急行でそれぞれ4駅です。(上級もありましたが自信ががないので・・)急行は途中駅を通過するので実質1区間です。

余談ですが、指導してくださった人が教えてくださったのですが、電車とすれ違いながら踏切に差し掛かると「まだ電車が反対側から来るぞ」と踏切を待つ人に知らせるために警笛を鳴らすそうなんですね。知りませんでした。「裏話」なども聞いてみるといいかもしれませんね。ほんとに「プライスレスな部分」でも京王レールランドの運転体験は満足できます。

是非行ってみてはいかがでしょうか?

カットモデル?廃車体?いえ、現役で使えます

カットモデル?廃車体?いえ、現役です。ではなぜ京王レールランドにあるのでしょうか?

実は京王ライナーに使われる5000系に使われるもので実は、「予備品」だそうで、必要な時は京王レールランドから持っていくみたいですね。「お面」のようなものだと思っていただけると分かりやすいかと思います。(材質はFRP:強化プラスチックだったかな?)

【おまけ】ブススイッチ?悪口じゃないよ

京王レールランドの展示車両があるところにブススイッチ(BS)と書いてありました。このスイッチを入れるとパンタグラフがない車両にも電気の力を行きわたらせることができるそうです。

笑いを取るときに使ってみては?悪口には使わないでね

関連記事

気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す