お知らせ Twitter限定!読者プレゼント! 2019年12/31 23:59まで!

【駅のアレ】横浜駅のヨドバシが鉄道模型売り場で本気を出していて怖いとTwitterで話題に 

横浜駅出てすぐのマルチメディア横浜店の鉄道模型売り場で「駅のアレ」が売っているとTwitter上で話題となっています。鉄道ファンでも「本気を出していて怖い」と反応をするほど「すごいもの」が置いているそうです。

ヨドバシで「駅のアレ」が売っていた

一般の方からすると、駅で見覚えがある人もいるとは思いますが、知らない方が大多数でしょう。

鉄道ファンからも「本気を出していて怖い」との反応も

鉄道ファンからなぜこういった「本気を出していて怖い」という反応なのでしょうか?鉄道模型などは「再現している」製品です。

しかし「駅のアレ」は実際に駅にあるものなので「実物」が置いているといっていいでしょう。全国の電気屋さんや模型屋を回ってもなかなか置いていないのでこういった反応が鉄道ファンからも出るのだと思います。

では「駅のアレ」はどのように実際の駅で使われているのでしょうか?

「駅のアレ」は実は発車メロディーを鳴らすための装置だった

ちょうどYouTubeに「車掌さんごっこ」をしている人がいたので紹介しておきます。この方は発車メロディーの止め方まで再現しているのでなかなか凝っていますね。「駅のアレ」はこうやって使うんだなと分かっていただければいいかなと思います。

ONを押すと「発車メロディー」が流れ、OFFを押すと発車メロディーが止まり「〇番線ドアが閉まります」という風になるわけなんですね。

実は「駅のアレ」は発車メロディーを鳴らすためのものです。今まで知らなかった人は列車の1番後ろに乗って車掌さんの動作を見てみるといいでしょう。

これを買って何になるんだという話ですが、一般の人にとってはいらないものですが、鉄道ファンにとっては「家で車掌さんごっこができる夢の装置」なのです。正式名称は動力用開閉器というみたいですね。

是非、興味がある人は買ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す