【悲報】近鉄名阪直通急行廃止へ

東北新幹線仙台~東京半額切符 12月15日で終了 週末は仙台や東北へ出かけよう

東北新幹線で仙台~東京間の片道のみ半額となる切符「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」が2019年12月15日で終了となります。

通常1万560円のところ半額の5280円で乗ることができます。

そのほか東北新幹線(盛岡~郡山の主要駅から東京)・北陸新幹線(長野~東京)でも設定があります。

ボランティア向けの切符となっていますが、購入資格などはないのでせっかくの機会なので仙台に行ってきました。

仙台~東京半額切符を使って仙台に行ってきた

行きは通常の料金を払って仙台~東京まで行きました。東京~仙台間は割引はありません。えきねっとを使うと少し安くなります。

宮城県には景色がいいところやおいしいものがたくさんあります。

宮城にはニッカウイスキーの工場があり、工場見学と試飲をすることができます。ウイスキーが苦手だという人でも「アップルワイン」という優しめのお酒があるので飲んでみてください。(ただし度数が高いです。約30度。水や氷、炭酸水で割って飲みます)

ちなみに北海道の余市にも工場がありますが、環境が異なるので味が異なります。そこも面白いところです。

あと、牛タンのジャーキーは別売りです。350円で販売しています。

個人的におすすめなのは仙石線で、海沿いの区間では絶景を見ることができます。松島に行く人は松島海岸の駅で降りましょう。ぜひ仙石線に乗った時には太平洋側の車窓を見ることをお勧めします。鳥肌が立つくらいすごい綺麗な風景ですよ。

牛タンもおいしいですが、松島に来たらやっぱり牡蠣がおすすめです。生牡蠣が苦手でも炙りや焼き、塩を付けて食べるなど最もおいしい食べ方で楽しむことができます。

僕は海なし県に住んでいるので牡蠣をたくさん食べてきました。

この時期食中毒が心配かと思いますが、滅菌・消毒で対策がされていますので、あまり心配しなくてもよさそうです。(僕は大丈夫でした。牡蠣を食べて体調が悪くなる人は遠慮した方がよさそうです。)

帰りは「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」を使用して東京まで帰ります。この切符も次は発売されないと思うので、この機会に使ってみることもいいかと思います。

ボランティア活動応援と書いていますが、遠慮して行かないよりはいいと思います。

宮城県にお金落とせたと思うのでボランティアでなくても復興支援につながると思うのでぜひ旅行に行ってみてはいかがでしょうか?

隣から先に「はやぶさ」が先に発車して東京には40分先に着きますが、こちらには乗車することができないので注意です。また、福島から南の区間で「つばさ」に乗り換えることもできません。もし乗ってしまうと切符は無効で全区間の料金をその場ではらうことになるのでご注意を。

ぜひ週末は仙台や東北に行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です