急行「ゆるキャン△梨っこ号」運転 運転区間・料金・時刻表・運転日・お得に利用する方法

急行「ゆるキャン△梨っこ号」が2020年2月から運転されることが発表されました。料金・時刻表・運転日についてまとめています。

また、ゆるキャン△梨っこ号にお得に利用する方法も紹介しています。

ゆるキャン△梨っこ号について

Wikipediaより

ゆるキャン△梨っこ号は臨時の全席指定席の急行列車です。急行列車のため普通列車のみ乗れる青春18きっぷは使用できません。(2月は青春18きっぷの設定はありませんが今後運転されることも考えてあえて掲載しています。)

また、全席指定席の急行列車のため乗車券のほかに急行料金と指定席料金が必要です。

今回の急行「ゆるキャン△梨っこ号」がスゴイところ!

プレスリリース

今回の急行「ゆるキャン△梨っこ号」は特別です。

鉄オタじゃない方はヘッドマークと聞いてもよくわからないと思いますが、簡単に言うと先頭車両に「列車名を表示するところ」です。

筆者撮影:横須賀駅にて

これは2017年6月に「海上自衛隊(かいじ)」と「賭博黙示録カイジ」と「中央線特急 かいじ」(主に東京~甲府間運転)の「3大かいじ」コラボした時のものです。この時は海自の海軍カレーを買うと中で食べることができましたが、特急列車としての運転はありませんでした。

しかし、今回はヘッドマークを付けて実際に運転されるため、鉄道だけ見ると「カイジを超えた」と言ってもいいのではないのでしょうか。

JRで内装やヘッドマークにアニメキャラクターが描かれるのは非常に珍しい 車内放送も「撮り下ろし」

JR各社の中でアニメのキャラクターで内装まで施されるのはJR四国の「アンパンマン」とかつて走っていた「ドラえもん号」のみですから、今回の「ゆるキャン△梨っこ号」は臨時列車とは言え、かなり気合が入っています。

しかも乗車された皆さんのために「撮り下ろしの車内放送」が流れるそうです。例えば「次は富士に止まります。」という放送を声優さんが「ゆるキャン△梨っこ号」のために音声を吹き込んでくれるわけです。これってすごいことだと思いますよ。

それくらい今回の運転はすごいです。我々鉄オタからしてもこんなに気合の入った列車はなかなか無いです。ぜひ乗ってみてください。(スゴイしか言葉が出ません・・・)

ゆるキャン△梨っこ号 の運転区間

ゆるキャン△梨っこ号の運転区間は静岡~甲府間の往復で運転されます。

途中の停車駅は(←静岡駅)富士・内船・身延・甲斐常葉・鰍沢口・市川大門(甲府駅→)です。

ゆるキャン△梨っこ号の時刻表

静岡発の列車は、静岡8時31分→富士9時4分→内船9時53分→身延10時8分→甲斐常葉10時28分→鰍沢口10時41分→市川大門10時49分→甲府11時29分着で運転します。

甲府発の列車は甲府12時0分→市川大門12時37分→鰍沢口12時41分→甲斐常葉12時56分→美延13時9分→内船13時25分→富士14時18分→静岡15時5分着で運転します。

ゆるキャン△梨っこ号の運転日

ゆるキャン△梨っこ号の運転日は2020年2月1・2・8・9日です。

全席指定席の列車となるため発売日は1か月前の10時からです。なので、2月1日に乗車する場合は1月1日の午前10時から発売となります。もし、1月1日に予定がある人は駅によっては事前にみどりの窓口で頼むことができますので、そちらも利用してみるといいでしょう。(あくまでご厚意でやっているものなので、断られてもクレームを入れることはご遠慮ください。聞くだけ聞いてみるのも手だと思います。)

ゆるキャン△梨っこ号の料金

運賃は静岡~甲府間で2310円です。急行料金は30kmまでは330円、50kmまでは560円、100kmまでは760円で150kmまでは1000円です。その他座席指定券が530円が必要です。

計算としては

運賃+急行料金+座席指定券(座席指定券は全区間で530円)

となっているので実際に乗車する区間に合わせて計算してみましょう。

ちなみに静岡~甲府を全区間利用すると【運賃+150kmまでの急行料金+座席指定券】となるので【2310円+1000円+530円の合計で3840円】となります。

また途中の身延で降りる場合には【運賃+100kmまでの急行料金+座席指定券】となるので【1520円+760円+530円の合計2810円】となります。

お得にゆるキャン△梨っこ号に乗るには?お得な切符も紹介

出発地は名古屋から出発する場合と静岡から出発する場合で異なります。最後に東京方面からの行き方を紹介します。まずは名古屋から出発した場合です。

名古屋方面から乗車の場合は「乗り鉄☆旅きっぷ」がお得

(https://railway.jr-central.co.jp/tickets/noritetsu-tabikippu/)より

JR東海のお得な切符として「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」があります。

一見鉄オタ向けの切符とも見えますが、実は名古屋から「ゆるキャン△梨っこ号」に乗る場合には乗車券はこちらの切符を利用した方が安くなります。(例えば名古屋~甲府間の片道乗車券は5500円です。往復で1万1000円が8610円に割引されます。)

また青春18きっぷとは異なり、特急券を別に購入することで在来線特急・急行は回数無制限、新幹線(ひかり・こだま)は4回まで新幹線特急券を購入すれば乗車することができます。

また、土日の2日間有効とありますが、「ゆるキャン△梨っこ号」の運転日は全て土日となるためお得な切符を利用することができるので、余った1日は別に旅行をすることができます。

静岡方面から乗車の場合は「ゆるキャン△梨っ子1日フリーきっぷ」

プレスリリースから

区間はご覧の通り静岡周辺のフリー切符になっており、値段は大人3000円、子供1500円となっています。

ただし、新幹線の利用ができない他、あとで説明しますが新幹線との乗り継ぎ割引を併用した急行券では乗車ができないのでご注意ください。

この切符の発売箇所はフリー区間内の「切符売り場」と「指定席券売機」のほか、JR東海ツアーズという旅行会社のジェイアール東海ツアーズ静岡支店、三島支店でおこなうことです。

また、当日「窓口が混みあうため時間には余裕をもってお越しください」とのことです。

プレスリリースより

また「ゆるキャン△梨っ子1日フリーきっぷ」では、沿線にある指定箇所2か所で先着で各箇所500名、合計1000名にここでしか手に入らない「ゆるキャン△オリジナルカード」と引き換えることができます。

鉄道が好きでゆるキャン△も好きな方は「ゆるキャン△」と印字された企画乗車券はレアですので是非この機会にコレクションしてみてはいかがでしょうか?

※引き換え箇所:道の駅 富士川(身延線・鰍沢口駅、市川大門駅より徒歩約 30 分)と常幸院(身延線・甲斐常葉駅より徒歩約10 分)。

東京からゆるキャン△梨っこ号に乗車する場合

東京の電車のイメージ

残念ながら使えそうな割引はありません。その代わり少し楽しめる乗車券を紹介します。

東京から出発する場合、東京→(東海道新幹線)→三島→(東海道線)→(富士乗り換え)→(身延線)甲府というルートで帰りも往復で行動する人もいるかと思います。

ただ、片道だけ乗れればいいよというひとには「片道乗車券」をお勧めします。甲府から中央線の特急を利用して東京に戻るルートです。(もしくは逆)

料金を比較すると東京~(富士経由)甲府間の運賃は往復で8860円ですが、片道乗車券だと6260円と2000円以上もお得となります。(ちなみに学生さんは学割を活用すると運賃が5000円となります。)また、行きと帰りは別ルートのため同じ景色を見ることがないので車窓が好きな方は楽しめると思います。

また途中下車が可能なので、追加料金なしで途中駅で降りることができます。ルートが指定されていて後戻りできないフリー切符のようなものと思っていただければいいと思います。

なお、東京からの場合、経路が重複するため別途運賃が発生するため、静岡駅で降りると運賃が2000円上がり、乗り継ぎ割引を含めても1500円高くなるので注意しましょう。

新幹線との乗り継ぎ割引で急行料金が半額に

東海道新幹線のイメージ

新幹線と急行を乗り継ぐ場合には「乗継割引」が適用となるため急行料金が半額となり、身延までの乗車だと急行料金1000円が500円に半額に割引されます。

ただし、新幹線をスマートEXを利用すると新幹線の乗車区間とゆるキャン△梨っこ号の乗車区間の運賃が別途かかるほか、急行料金に乗継割引が適用とならないので注意が必要です。乗車券またはお得な切符を利用しましょう。

名古屋方面から新幹線でゆるキャン△梨っこ号に乗車する人のみ使えます。

最近の鉄道ニュース

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です