【山手線E231系】2020年1月のラストランを前に「嫌な予感する」と話題に 先頭車両は鉄オタ専用と化す

2020年1月に引退するE231系500番台。ラストランを目前ですが、E231系500番台の先頭車両にはすでに鉄オタが群がっており「ラストランは嫌な予感がする」というツイートが話題になっています。過去のラストランを踏まえてなぜ「ラストランを前に嫌な予感」がするのか書いてみました

E231系500番台の先頭車両に群がる鉄オタ

山手線のE231系500番台(写真は505編成) 2020年1月中に引退することがアナウンスされた

トウ506とは今回引退する山手線のE231系500番台の506編成という意味で、現在山手線を走っているE231系500番台はこの編成のみとなっています。

写真の通り先頭車に鉄オタらしき人が群がっているのが分かります。今回の写真が何か悪いというわけではありませんが、これを見て鉄道が好きな良識のある人は「嫌な予感」を感じとっていると思われます。

『ケト209最終日以来約10年ぶりに嫌な予感しかしない』とツイートがありますが、ケトは京浜東北線という意味でかつて「209系電車」がラストランをした際に先頭車両が「鉄オタ専用列車」となり周囲の乗客に迷惑がかかった事例がありました。

過去のラストランでは車内が「バカ騒ぎ」に

多くの方が「嫌な予感」と感じているのは、これが繰り返されるのではないかという懸念だと思います。実際に車内の窓を開けてバカ騒ぎして駅員さんが窓を閉めたり、一般客の迷惑になる行為を行っていることが分かります。

言うまでもありませんが、電車は通勤や通学の輸送が目的であって、鉄オタのための列車ではないです。(言わないと分からない人も少なくないと思います)一般客や駅員さんには迷惑はかけないスタンスで趣味をやっている方が多いのも事実ですが、迷惑をかけても悪びれる様子もなく写真撮影などをしている人がいるのも事実です。

今回のE231系500番台のラストランでは一般客や鉄道を支える人に迷惑をかけずに趣味を楽しんでほしいものです。

すでに鉄オタによる迷惑行為が横行 ラストランはもっと悲惨になる可能性 連日100人以上の鉄オタが押し掛ける

大崎駅では車庫から山手線で運転するためにホームに侵入する際に鉄オタが黄色い線からはみ出しているので「黄色い点字ブロックの内側にお下がりください」という放送が流れたほか、鉄オタが来なければ本来「他の仕事にしてるであろう」駅員さんが配置されています。鉄道会社に迷惑が掛かってしまっているのは間違いないですね。

ラストランの時には山手線全体に遅れが波及する可能性があります。過去のラストランでも遅れが20分程度発生しましたが、東京の大動脈で遅れが発生すると大変な混雑となります。是非鉄道会社には迷惑がかからないように趣味を楽しんでほしいものです。

追記:2020年1月20日に撮り鉄が写真撮影のために線路内に侵入し、同日にE231系が運行終了を前倒しにする事態が発生しました。時系列順でまとめましたのでご覧ください。

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です