総武線E231系B39編成 武蔵野線転属のためAT入場

2020年2月4日、総武線を走るE231系B39編成が武蔵野線への転属改造の為、秋田総合車両センターに入場配給されました。

運用離脱からすぐに秋田送りに

2月3日に運用から離脱したE231系B39編成は次に日には武蔵野線への転属改造の為に、長岡車両センター所属のEF81-141によって秋田総合車両センターに入場配給されました。

常磐線松戸駅に普段と色違いの車両が…

常磐線を走るE231系といえば番台は総武線と同じで色だけエメラルドグリーンとウグイス色という特徴的なものですが、入場配給のためE231系B39編成が通過したため普段とは違い色の車両を見られました。EF81-141が本気を出したのか、かなり高速で通過をしたので見た人からは驚きの声が上がっています。

顔面真っ白で無事到着

関東の方では当時快晴でしたが、雪国ということで到着するころにはフロントガラスが雪で覆われている状態でした。少し前に山手線からすべてのE231系500番台が運用を離脱したことで話題になりましたが、今後はこちらにも注目が向けられると思います。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です