急行「ゆるキャン△梨っこ号」運転の様子を紹介しています。

【8秒で完売】のぞみ315号700系ラストランが一瞬で完売 すでに高額転売が始まる

2020年2月8日午前10時、来月3月8日に運行される700系のラストラン列車となる「のぞみ315号 新大阪行き」が発売が行われ、開始から約8秒で完売したとのことです。全席指定席で運行されるため、座席数は通常より多く設定されていましたが、全ての座席が完売したとのことです。

ラストランの完売時間で前例と比較してみると1分程度余裕がありましたが、今回は発売と同時に予約しないと購入できなかったようです。インターネットの発達で、自宅でえきねっとなどの予約サービスを使う人が増えたのが一つの理由かもしれませんね。

中には700系ラストランを横一列予約できた人も

700系のラストランとなる「のぞみ315号」をなんと5席も取れた方がいるようです。しかも横並び1列を予約できたとのことで、多くの方が撃沈する中これは大勝利ですね。予約できた方おめでとうございます。

一方でヤフオクでは約8倍の値段で転売する人も

ヤフオクより

一方で、発売と同時に「ヤフオク」などでのぞみ315号の転売が始まりました。即決価格は40180円に設定されており、鼻から転売する気満々で出品されています。

ご存じの方も多いとは思いますが、切符の転売は「ダフ屋行為」といって都道府県で定められている「迷惑条例」によって処罰されます。今回の場合は転売の意思が明確なので処罰の対象となる可能性が高いと思われます。

しかし、この出品例では現在価格は5570円となっており、現時点では買い手が1人しかついていませんが、今後値段が上がってくるかもしれません。ただ、喫煙車なので買う人は少ないかと思われます。

6倍の値段で買い手がついている出品も

ヤフオクより

こちらは買い手がついている例です。こちらは普通車指定席で禁煙の座席です。現在の入札件数は25件、3月8日中で取引は終わりそうですが、午前11時半現在で33000円、定価の6倍で値段がついています。

しかも、取引開始日時を見てみると「午前10時13分」から取引が始まっていて、10時の発売と同時にヤフオクで出品を始めたということになります。こちらも転売の意思が明確なため「ダフ屋行為」となる可能性が非常に高いです。

予約をしようとした人に対して予約できる人が少なかったため、需要はあると思いますし出品する気持ちもわからなくはないですが、転売することで処罰される可能性があることも忘れてはいけませんね。

今回の700系のラストランでは10時打ちが中止になるなど若干の混乱があったようです。詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事

気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す