線路内侵入を報じたら圧力により活動休止に追い込まれてしまう

悪質な線路内侵入があったと話題になりましたが、なぜかそれを報じた人が活動休止に追い込まれてしまいました。何があったのでしょうか。

違法行為の拡散でもただの晒し扱いになってしまうのか

@Tetsuoto1より 削除の恐れがあるのでスクショにしています

インスタグラム上で線路内侵入等の様子を投稿されたのが拡散の発端でしたが、その後それをスクショし拡散した人が叩かれてしまいました。三脚云々とかではなく明確な違法行為なので拡散されて当然なのですが、批判の矛先が線路内侵入した男らではなく様子をツイッター上に投稿した人へ向けられました。これにより1年間活動休止することとなりました。

晒す晒さないは非常にデリケート

鉄オタ界隈で、”晒し”というのは非常にデリケートな問題です。主に、たとえ迷惑行為であっても本人のプライバシーは尊重すべきという意見と迷惑行為は晒されても仕方がないという意見にわかれます。最近ではツイッターのいいね稼ぎのために小さなことでもやたらと晒す人もいるのでどちらかというと晒すのはよくないという風潮です。

今回はどうでしょうか。インスタグラムが発端で、それをスクショしツイッターで拡散した人が批判されています。対象は明らかな犯罪行為、つまりマナー云々の問題ではありません。公共の福祉の観点から肖像権が制限される場合もあります。ニュースで報道されてもおかしくないレベルですが投稿主には「晒して楽しいか」等の批判がきたとのことです。

この騒動でいくつか関連するツイート・アカウントの削除がありました。またツイッターでは批判があったとのことですが元であるインスタグラムでは投稿主へではなく迷惑行為自体への批判でした。インスタグラムとツイッターでは利用者層が異なるのでこのような違いが出たのではないでしょうか。

触らぬ神に祟りなし

今回線路内侵入した男らですが、日ごろから車両に接触しての撮影、改札突破などの行為をしているそうです。また大人数が関与していることから組織的な行為だと思います。無条件で晒しだと批判する何も考えていない人が一定数いるので迷惑行為をSNS上に投稿することによる抑止力はあまり意味がないのではないでしょうか。

今回起きたことのまとめ

線路内に鉄オタが侵入
↓
インスタグラムでその様子を投稿される
↓
ツイッター上でスクショが公開
↓
記事になり余罪も暴露され炎上
↓
関連するアカウント・投稿が相次ぐ

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です