【2両編成アーバンライナー?】近鉄21000系UC11編成が試運転 最初で最後?

2020年3月9日から、アーバンライナーに使用される近鉄21000系UC11編成が試運転を行いました。普段営業列車では使用されない組み合わせで、近鉄22000系のAS27編成と連結し4両で試運転が行われました。

近鉄21000系UC11編成が試運転の様子

近鉄21000系(アーバンライナー)は6両編成、または8両編成で運転されていますが、今回は近鉄21000系自体は2両しかないという珍しい組成になっています。今回の試運転は珍しく今回が最初で最後の可能性が高いです。

近鉄12200系は2020年度末までに特急列車の運用離脱へ

また、ツイートにある近鉄12200系は2020年度末で特急列車の運用から離脱します。(近鉄のプレスリリースでは廃車とは明記されないところに近鉄らしさを感じます。)

2020年3月14日のダイヤ改正で12200系数編成が運用離脱がされるという情報もあります。今後近鉄12200系自体見ることもそうですが、NS(4両編成)重連も近いうちに見られなくなりそうです。また、近鉄の伝統色であった紺とオレンジの配色もこの形式が最後となりそうです。

無くなる前に記録しておきたいものです。

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です