近鉄2680系X82編成鮮魚列車がラストラン 56年の歴史に幕

2020年3月13日、近鉄2680系X82編成で運転されてきた鮮魚列車がラストランを迎え、56年の歴史に幕を下ろしました。3月14日からは急行・快速急行列車に1両鮮魚列車を連結して運行されます。

鮮魚列車ラストランの様子

明朝宇治山田駅では鮮魚列車の鮮魚列車ラストランの装飾や、今日だけの「さようなら鮮魚列車 大阪上本町」の系統板が設置されていました。

最後の鮮魚列車が大阪上本町に着く車内からの様子

ついにラストランとなった鮮魚列車が、大阪上本町に着く様子です。(車内から撮影されています。)

車内につり革が一つもない状態が撮影されています。

「伊勢中川の駅では大漁旗まで張ってた」との声も鮮魚列車を利用する人の声が聞こえています。

ホームには鮮魚列車を撮ろうと多くの人が撮影をしていました。今までホームで撮影することはありましたが、車内からの映像は貴重かと思います。

2020年3月14日のダイヤ改正後からの鮮魚列車はどうなる?

こちらの記事に2020年3月14日からの鮮魚列車はどうなるのか?掲載しています。

2020年3月13日に消滅した列車(関連記事)

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です