【新型コロナウイルスの影響】鉄道博物館が当面の間休館を決定 再開時期については未定

2020年3月30日、埼玉県にある鉄道博物館は2月29日から新型コロナウイルスの影響の影響で臨時休館を行っており、本来であれば3月31日までの休館でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、当面の間休館することを決定しました。

鉄道博物館は当面の間休館 特別展なども延期

鉄道博物館より

今回3月31日までの臨時休館後4月1日からの展示を予定していた企画展「全線運転再開記念 常磐線展」については企画展を中止にするのではなく、あくまで開始日を開館日に合わせる変更を発表しました。

そのほか、入場券などについても払い戻しの案内がされています。以下にまとめましたので参考に。

  • JREPointの導入→開館まで延期
  • 2月29日~4月30日まで有効期限の団体入場券→5月31日まで有効(今後さらに延長する場合も)
  • コンビニで購入した前売り券→無手数料で購入した店舗で払い戻し(詳しくは購入した店舗へお問い合わせ)
  • 旅行会社発行の入場券→各旅行会社にお問い合わせ
  • 年間パスポート→臨時休館分の日数を追加で利用できる措置を講じると発表

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です