東京から大阪までSuicaチャージだけ使って移動できる? 注意点・ルート・運賃・時間・お得な移動方法

今回は東京から大阪までSuicaだけ使って移動してみたということで記事を紹介していきたいと思います。行く方法としてはいくつかあり、また時間が速いものもあるので紹介していきたいと思います。

ちなみにSuicaなどの交通系ICカードを利用して新幹線に乗車する「スマートEX」は料金の決済自体は登録されたクレジットカードでされるため、Suicaの残高から引き落とされる訳ではありません。

今回の東京~大阪までの移動はあくまで残高がSuicaから引き落としが行われる行程のみ紹介していきたいと思います。

※今回の記事はがみさんの動画から記事化しています。

東京から大阪までSuicaだけ使って移動 注意点は? 

JR東海より

今回東京から大阪までSuicaだけ使って移動するのに障壁となるのはJR東海の交通系ICカード「TOICA」の利用エリアです。注意が必要なのは上の画像のうち、右端のJR東日本のSuicaエリアとの接続部です。

これによく引っかかっている人がいるのは数年前に「ラブライブ」の聖地ともなった「沼津」まで東京~沼津間の移動をSuicaで行ってしまった人たちです。交通系ICカードはエリアをまたいでの利用ができないためこのような現象が起きました。

沼津駅でSuicaで行ってしまった人たちがどうなってしまったかというと、東京からの運賃を全額現金で支払わされ、あまりにも人数が多かったため長蛇の列ができていました。Twitterでも鉄道に詳しい方が「切符を買って移動するように」と呼び掛けていたのもそういった理由があったからです。

また、左端にもJR東海とJR西日本の接続部の手前がICカードの利用ができない区間となっています。

そのため、ほとんどの人が思いつく「東京~熱海~名古屋~米原~大阪(東海道新幹線で乗車するルートと同じ)」といったルートではSuicaのみでは移動ができません。ですので、一般の人が思いつかない少し特殊なルートとなります。

次のページでは移動ルートについて解説します。

気に入ったらシェアしよう!

2 件のコメント

  • いつだったか忘れましたが、そのうち熱海駅と米原駅もTOICAエリアに含まれるようになるそうです。なので、そう遠くないうちに東海道線で交通系ICカードを使った移動ができるようになりますね。
    ただし、両駅をスルーする利用は不可だそうなので、熱海駅・米原駅で一旦改札を出入りし直す必要性があるそうです。

  • 釈迦に説法かもしれませんが、特急ふじさんを使って、JR東海松田駅で降りると、窓口で小田急新松田として、ICカードの出場処理をしてもらえます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です