【E131系】房総・鹿島地区に新車投入を発表 2021年春から運行開始

2020年5月12日、JR東日本は房総・鹿島地区にE131系を投入すると発表しました。運行開始時期は2021年春からの予定です。編成は2両編成で12本、24両を投入します。

【E131系】房総・鹿島地区に新車投入を発表 2021年春から運行開始

JR東日本より

今回E131系が投入されるのは内房線(木更津~安房鴨川)、外房線(上総一ノ宮~安房鴨川)、鹿島線(佐原~鹿島神宮)の3つの線区で、房総地区でも特に利用客の少ない線区に投入される予定です。

JR東日本より

今回投入されるE131系は乗降確認カメラ・車内防犯カメラの設置など従来の車両と比較して安全面に力を入れているほか、客室の拡大、座席幅の拡大、座面のクッション性向上など車内サービスもアップした車両となっています。

トイレもバリアフリー対応の大型トイレになっており、画面上部に大型画面を設置し、多言語で案内するなど外国人の方にも分かりやすいような仕組みが作られています。

今後、どのようにE131系が活躍していくか注目していきたいですね。

関連記事

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です