【珍事】小田急新宿駅ロマンスカーホームに千代田線車両が入線

5月26日朝5時頃に祖師ヶ谷大蔵駅で人身事故が発生しました。7時すぎに運転は再開されましたが、その後もダイヤが乱れ様々な珍事が起こりました。

普段は代々木上原で地下に潜るはずの千代田線が新宿駅ロマンスカーホームに

新宿駅から小田原を結ぶ小田急小田原線は、千代田線などの複数の他社と直通運転しています。通常千代田線は代々木上原駅で分岐し、北綾瀬方面へ行くので新宿駅に入ることはありません。しかし今回の人身事故で直通運転を取りやめたため、行き場を失った千代田線の車両が小田急新宿駅のしかもロマンスカーホームに入線する事態が発生しました。

このような事例は非常に珍しくネット上では多くの人から反響がありました。千代田線の車両はその後ロマンスカーの運転士・車掌が乗務し、喜多見の車庫へ回送されました。ロマンスカーの運転士が乗務することも珍しいですがそれには理由がありました。

人身事故によりロマンスカーの運転も見合わせていたため喜多見にロマンスカーの車両が大量に留置されてました。ロマンスカーの乗務員訓練はロマンスカーの運転士しかしていないため普通の運転士は運転できません。運転再開した時に運転ができる運転士が居ないと送り込みすらできないので乗務員の輸送が目的です。

地下鉄車両をベージュの制服のロマンスカー運転士が運転しているのはなかなか珍しい光景だったと思います。

その後ロマンスカー運転は再開しましたが、EXEαなどの展望の無いタイプのロマンスカーが4両編成「特急」の表示で走ってる姿も見られました。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です