横須賀線E235系公式試運転 屋根上に箱状の物体が デザインがプレス異なりセミクロスシートは廃止

横須賀線・総武快速線のE217系置き換えのためのE235系1000番台がグリーン車に続き普通車も製造、連結し公式試運転が行われました。

プレス画像と配色が逆でやや鮮やか

鎌倉車両センター所属のE235系1000番台の基本編成F01編成は、JTREC新津を出場し新津~羽生田で数往復試運転が行われました。

屋根上には本来であれば床下にある元空気ダメが設置されていました。元空気ダメとは簡単に言うとブレーキ用の圧縮空気が入っているタンクのことです。非常走行用のバッテリー等で床下のスペースが足りなくなり、仕方がなく屋根上に設置されたと思われますが一部のマニアの間では話題になっています。

実車を見てみるとプレスリリースよりも青色が鮮やかで、正面のグラデーションは色が逆転していました。デザインに関しては「かっこいい」「ダサい」と意見が二極化しています。

グリーン車の利用価値が向上

217系にあったセミクロスシートはプレスリリース通り廃止され、普通車は全てロングシートでした。しかしグリーン車にwifiとコンセントが設置されるということで、グリーン車の利用価値は向上したのではないでしょうか。

プレスリリースからようやく完成したE235系1000番台ですが、置き換えが進むにつれ現行の217系が貴重になると思います。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です