PS5のデザインが中央線特急「あずさ」に使われるE353系に似ていると話題に

2020年6月12日に発売が発表された「PS5」。そのデザインが中央線特急「あずさ」などで使用されているE353系のカラーリングなどデザインが似ていると話題になっています。

一体、どれくらい一致しているでしょうか?デザインの配色なども見ていきましょう。

新型のPS5とE353系のデザインの比較をしてみた

こちらが、今回発売が発表された新型のPS5デザイン。側面は白のデザインで中央は黒のデザイン、その境界面には紫のライトが付くようになっている。これはどこかで見たことがあると思う人もいるでしょう。

そう、中央線特急「あずさ」などで使用されているE353系のデザインにかなり似ているのです。ここで改めてE353系を見てみましょう。

Wikipedia E353系より

こちらが中央線特急「あずさ」などで使用されているE353系。正面のデザインを見ると側面は白、中央は黒、そして紫のラインが入っているというところまで一致しています。

違うところと言えば、少し黒が占有する面積が広いということくらいでしょうか?

さすがにPS5とE353系とここまでデザインが似ているとは正直思いませんでした。もしかすると、PS5の開発者の中に中央線特急「あずさ」が好きな人がいたのか、それをヒントにデザインを作ったかもしれないですね。

新宿駅などで、今後PS5を買った人がE353系と一緒に写真を撮りだす人は恐らく出てくるのではないでしょうか?

是非、似ていると思ったら記事をシェアしてみてくださいね。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です