【引退間近のスナックカー】近鉄12200系NS40編成まさかの4両→2両化 中間車は廃車へ 今後は団体専用列車(PN化)に転用?

2020年度いっぱいで「特急列車の運用から引退」となる近鉄12200系スナックカーのNS40編成が、まさかの4両編成→2両編成化をしました。中間車の2両については廃車となり既に陸送されています。

【引退間近なのにどうして?】近鉄12200系NS40編成 4両→2両化 

高安車庫ではNS40編成の中間車2両が外され、先頭車の1号車と4号車のみが連結されて残されています。

近鉄12200系の電算記号は2編成がN編成、4両編成がNS編成となっていて、今回は4両編成のNS40編成が2両編成化されました。電算記号のルールに従えば何らかの変更が必要になってくると思われます。

NS40編成の中間車は既に廃車のために陸送されている

一方でNS40編成の2・3号車の中間車については廃車のため陸送となりました。

今回引退間近の12200系スナックカーをわざわざ4両編成から2両編成にしたのは一体どういう意味があるのでしょうか?今後は団体専用として2020年度の特急列車運用離脱後もPN化して走るのでしょうか?確かにそういうことであれば、12200系の引退発表のプレスリリースの中にある「2020年度末までに特急列車の運用を離脱します」という文言の意味が見えてくると思います。今後の動向に注目していきたいですね。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です