【JR東日本】異例の2020年夏に「あきたホリデーパス」発売 お盆期間の除外期間はなし 特急・急行にも料金券購入で乗車可能 値段・発売期間・利用期間まとめ

JR東日本秋田支社は「あきたホリデーパス」を発売すると発表しました。別途特急券等を購入すれば、特急・急行・指定席快速にも乗車が可能で、8月のお盆期間中についても除外期間はなく、そればかりか期間中は毎日使えるとのことです。

「あきたホリデーパス」は異例の夏季発売 観光流動促進が目的

例年はあきたホリデーパスは冬季のみ発売していますが、今年は新型コロナウイルスの影響で観光が落ち込んでいるため、夏季の発売に踏み切ったと考えられます。

あきたホリデーパスの値段・発売期間・利用期間まとめ

あきたホリデーパスの利用区間は上記画像にあるJR東日本秋田支社の区間との由利高原鉄道・秋田内陸縦貫鉄道の区間がフリーエリアとなります。別途特急券・急行券・指定席料金を支払えば、特急列車などに乗車できます。

あきたホリデーパスの値段は大人2440円、子供1220円です。また、大人の休日俱楽部会員の人は1880円で購入ができます。有効期限は1日です。

発売期間は2020年7月16日~9月27日まで。

利用期間は7月23日~9月27日までの土休日です。また、8月8日~8月16日までのお盆期間中は除外期間とならない他、お盆期間は毎日利用できるとのことです。

発売箇所はフリーエリア内のみどりの窓口・指定席券売機・びゅうプラザ・主な旅行会社となります。東京方面からの利用の場合は一度フリーエリア内で下車して、フリーパスを買う仏用があります。

特典としてはNewDays・kioskで買い物をする際に「あきたホリデーパス」を提示するとお買い上げ金額から5%引きとなります。ただし、合計金額が4500円以内のお買い物で、たばこ・新聞・雑誌・書籍・切手・チケット類・Suicaチャージ・公共料金・プリペイドカード・サービス品・一部飲食品は対象外となるほか、他の割引サービスと併用できないことがあります。

JR秋田支社では「冬の秋田を楽しんでいただくために発売していた「あきたホリデーパス」を、秋田県内の観光流動の促進を目的に、この夏、発売します。ぜひこの機会に、鉄道を利用した秋田県の旅行をお楽しみください。」とプレスリリースでコメントしています。

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です