【しなの鉄道】7/3に115系S6・S23編成引退へ SR1系導入で 115系解体お持ち帰り会も実施・入場券発売

2020年7月4日に導入するしなの鉄道の新型SR1系の導入によって、115系のうち古い2編成(S6・S23編成)を7月3日をもって引退させると発表しました。7月18日には20人限定で115系の解体体験ができ、その後つり革などの部品を持ち帰ることができます。また、SR1系の記念入場券も発売します。

7/3に115系S6・S23編成引退 歴史を振り返る

今回引退する編成は両方とも車齢は42年で松本や長野で活躍していた編成になります。S6編成は1997年10月の長野新幹線開業に伴う信越本線からしなの鉄道の移管したと同時に編入された車両で最も古い車両になります。

また、S23編成は当初5両編成でしたが、中間車改造などを受けるなど特徴がある車両で2両編成の車両になっています。

【20人限定】7月18日に実施 115系解体お持ち帰り会

115系の部品を持ち帰ることができるという異例のイベントが実施されます。20名限定で、料金は1万3000円。7月1日~7月8日までインターネット上での受付となり、人数が多い場合は抽選となります。(先着順ではないです。)

支払いは現金のみとなっています。実施場所は上田市にある「しなの鉄道本社前」で実施されます。

【1000セット】SR1系の記念入場券も発売

7月4日に1000セットSR1系のデビューを記念として、1セット2090円で発売します。1人5セットまで、郵送などの通信販売は行いません。

1000セットの発売ですが、駅ごとに発売数が決まっているので1駅あたり大体約100セットで発売になることが予想されます。(軽井沢駅は少し多いかもしれません)

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です