【肥薩おれんじ鉄道】JR九州の787系「つばめ」が九州新幹線開業以来16年ぶりの乗り入れ 「36ぷらす3」の試運転か

2020年6月28日、肥薩おれんじ鉄道にJR九州の787系が、九州新幹線開業以来16年ぶりとなる乗り入れを行いました。肥薩おれんじ鉄道は九州新幹線開業前までは鹿児島本線となっていて787系の特急「つばめ」として活躍した姿をまた見れるようになるということで注目が集まっています。

JR九州787系の肥薩おれんじ鉄道へ16年ぶりの乗り入れの様子

御立岬付近から撮影された写真にはかつての特急「つばめ」を思い出させる山間を縫って走る光景と、バックに八代海が映っている光景は圧巻です。

今回肥薩おれんじ鉄道に16年ぶりの787系乗り入れを行いましたが、これは2020年秋に運行が開始となる「36ぷらす3」の試運転と思われます。また、九州新幹線開業後中止となっていたビュッフェの営業も再開することが決定しており、こちらも17年ぶりとなります。

今後も試運転で定期的に見られるとは思いますので、是非撮影に行ってみてはいかがでしょうか?

気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です