2021年5月2日午後5時ごろ、札幌市電の信号機が故障し、復旧まで数か月を要するということです。これにより、札幌市電では環状運転が不可能となり、西4丁目からすすきのまでの区間が運休となり、折り返し運転となります。

なぜ数か月も運休?信号機故障の様子

こちらがすすきの交差点で故障した信号機の様子です。線路上にトラックをもってきて、信号機の保守点検をしている様子が分かります。また、配電盤が発煙した影響で、作業員の方が配電盤を開けている様子も分かります。

数か月も運休するのは信号機が特注のため、数か月かかるということです。すすきの交差点の路面電車

西4丁目とすすきのの間で運転を見合わせているので、利用する場合は注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事