新四号バイパス開通以降一般車の利用が増える

注目していただきたいのは薄い緑で表示されている一般車の割合です。大型車は濃い緑で表記されています。

春日部~古河~小山については通行量はそれほど顕著に増えていません。これは市街地のあるJR宇都宮線の沿線から離れて走行するためです。

注目すべきは小山~宇都宮間の一般車両の割合です。人口についてはそれほど増加していないのに、年々交通量は増えています。通行量が元々多いにも関わらず、約1.3倍増加しているのが分かります。

やはり高速道路並みの速度で走行することができるようになると当然利用客は鉄道から車へシフトする人が増えてきます。

今回の新四号バイパスについては速度自体は80km/h~100km/hで連続立体交差のため信号はほとんどないため高速で走行することができます。

※画像は国土交通省 宇都宮国道事務所より

【JRと東武VS車】どっちが速い?小山~越谷まで走行してみた結果 

前々から新四号バイパスとJR宇都宮線・東武伊勢崎線を乗り継いだ時とどっちがいいか調べてみたかったので実際に走ってみました。

結果としては小山駅~越谷駅まで1時間10分、鉄道利用時だと約1時間5分前後で北越谷付近で渋滞したにもかかわらずほぼ同時刻で到着できるという結果でした。

燃料代(レギュラー130円、1Lで15km)と運賃を比較するとそれぞれ片道で、477円(小数点以下切り上げ)と900円で約2倍金額に差が出ています。場所によりますが、埼玉県内の北の方であれば、車での移動を選択している人の方が多いような印象を受けました。

意外と身近にあるかも?高規格道路と鉄道の競合区間

意外と高規格道路と鉄道の競合区間は存在しています。例えばこんな路線と道路が競合になっています。

  • 両毛線と国道50号バイパス
  • JR奈良線・関西線と名阪国道(国道25号)

東北地方とかだと暫定開業している高速道路が無料開放されている場合もありますし、それも競合として見ることもできるかもしれないですね。

意外と身の回りにも鉄道と道路が競合している区間があるかもしれません。もし、身の回りにそういったところがあれば是非コメント欄に書いていってくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事