2021年4月5日から4月6日にかけて、が常磐線内で性能確認試運転を行いました。

試運転の様子

JR東日本の新型事業用車両クモヤE493系オク01編成はEF64形1000番台電気機関車の置き換えを目的とした事業用車両で2021年春から新しく投入された車両です。

4月5日は上野から神立間で試運転を行い、4月6日も引き続き常磐線線内での試運転が行われています。今回常磐線で行われた試運転で、交直切り替えなどの訓練も兼ねていた可能性もあります。

E493系オク01編成の今後

今回の試運転はE493系を本格的に運用開始するために行ったもので、この試運転が終了すると車両の入れ替え作業や回送列車の牽引に使用されるということです。

今後、首都圏エリアを中心にどのように活躍していくかということも注目されます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事