1月5日、JR東日本大宮支社は日光線の普通電車で居眠り運転があったと発表しました。

居眠り運転を起こすのではなく撮影

NNNより

JR東日本大宮支社によると、30代の男性運転士が宇都宮と日光を結ぶ日光線の普通電車を運転中に居眠りをしていたということです。運転士は「一時的に睡魔に襲われた」と認めてます。

今回事件が発覚したのは、乗客が5日午前8時50分ごろに鶴田~下野大沢間で動画を撮影し、マスコミに提供したからです。乗客は異変には気づいており寝ているように見えたとしていますが、起こすことはなく離れた席から黙々と撮影をしていました。

マスコミに動画が提供され報道されたことによって表沙汰になりましたが、なぜ窓をノックするなどして起こそうとしなかったのでしょうか。

現役運転士からも「黙って動画撮るなら、乗務員扉バンバンしなきゃ」「あとでご意見センターに連絡していいすから起こさず撮るのは止めてー」との声が上がっています。SNSではなく直接マスコミに提供するなど乗客の悪質な面もみられます。

居眠り運転は言語道断ですが、ヒーロー気取りの撮影者にも非難が集まっています。今回は居眠りでしたが、緊急事態だったかもしれません。運転士の異常を知りながらメディア映えを優先して最後まで起こそうとしなかった撮影者と、平然と素材を受け取るマスコミにも問題があるとされています。

もし居眠り運転を見つけたら盗撮をしてマスコミのネタにするのではなく、窓を叩くなどして起こしてあげましょう。気が済まなかったらお客様センターなどに報告をすればいいだけです。それこそ意識を失っているかもしれないのに撮るだけ撮って放置は命取りになりかねません。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事