JR東日本の労働組合の1つ、JR東日本輸送サービス労働組合は、列車への破壊行為が相次いでいることを発表しました。特に3月に定期運用引退を控えた185系では、部品の盗難が相次いでいます。

引退間際で盛り上がっている裏では盗難事件が相次ぐ

組合は、列車に対する破壊行為が相次いで発見され「悪質で安全を脅かす 列車妨害が連続して発生!」と発表しました。

座席のシートを切りつけたりするなどの単純な破壊行為の他に、3月に定期運用離脱となる185系では「号車札」や「行先表示器」の盗難が2月だけでも7件発生しています。

185系の鉄道部品は今後高く売れるであろうことから、ファンによる犯行だとも断定できず、転売屋や業者である可能性が高いです。ドアコックを扱い侵入するなど計画性にある犯行です。

JR東日本では行先表示器が格納されている箇所に防犯カメラ設置を示すステッカーを貼ったり、車番プレートなど盗まれやすいものは、本物ではなくテプラで代用するなど、ダミーで対策をしています。

詳細

1月25日(月)

中央快速線 清掃作業中に座面と背もたれが切られているのを発見

26日(火)

東海道線 清掃作業中に座面にマチ針が刺さっているのを発見

30日(土)

山手線 清掃作業中に座面と背もたれが切られているのを発見

2月1日(月)

宇都宮線 清掃作業中に客室窓カーテン紛失しているのを発見(185系)

2日(火)

宇都宮線 仕業検査中に行先表示幕が紛失しているのを発見(185系)

2日(火)

宇都宮線 清掃作業中に客室窓カーテンが紛失しているのを発見(185系)

3日(水)

中央快速線 仕業検査中に座先背もたれの焦げ跡・業務用コンセント蓋の変形を発見

6日(土)

東海道線 入区後、号車札が紛失しているのを発見(185系)

9日(火)

常磐線高浜~石岡間 線路上に置かれていた仮設足場で使用する歩み板と衝撃

10日(水)

伊東線 交代時に車掌は号車札が紛失しているのを発見(185系)

11日(木)

東海道線 出区点検中、ドアコックが扱われているのを認め確認したところ、行先表示器が紛失しているのを発見(185系)

12日(金)

中央快速線 折り返し車内点検中、座席ヘッドレストの破損と枕カバーが紛失し ているのを発見

17日(水)

東海道線 出区点検中、号車札が紛失しているのを発見(185系)

18日(木)

総武快速線 グリーンアテンダントより、座席のヘッドカバーが破られていると 申告を受け、予備品と交換

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事