JR東日本では2021年3月13日にダイヤ改正が行われますが、そのダイヤの詳細が分かり、今までとは大幅にダイヤが変更となる時間帯があることが分かりました。

今回のダイヤ改正で2本の列車を1本に統合する形で運転されたり、行先が変更されることによって、実質的に減便・増便となっている区間がある他、通勤快速廃止に伴って、今までの停車駅パターンが変更となるということです。

宇都宮線ダイヤ改正でどう変わる?

今回の宇都宮線ダイヤ改正でどう変わるのでしょうか?まずはダイヤ改正で通勤快速が廃止になり、快速ラビットとして運転される列車について見てみましょう。

通勤快速を廃止、ほぼ同じ時刻で快速ラビットが運転 東大宮にも停車

今回平日の夕方に走っている通勤快速を廃止し、ほぼ同時刻で快速ラビットを運転することが分かりました。

東大宮駅・蓮田駅に新規に停車となるために所要時間が増大するのではないのかという心配がされていましたが、始発駅の発車時刻、終着駅の到着時刻に変更はありません。

平日夕方に発車する快速ラビットの時刻は次の通りです。また、列車の待ち合わせパターンは維持されます。

【平日】下り列車(東京・上野→宇都宮方面)

  • 上野駅 6時48分発 快速ラビット宇都宮行き(東大宮7時17分、蓮田7時21分)
  • 上野駅 7時57分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮8時28分、蓮田8時32分)
  • 上野駅 18時19分発 快速ラビット宇都宮行き 久喜駅で普通小金井行きに接続 (東大宮18時51分、蓮田18時56分)
  • 上野駅 19時17分発 快速ラビット宇都宮行き 古河駅で普通宇都宮行きに接続 (東大宮19時52分、蓮田19時56分)
  • 上野駅 20時20分発 快速ラビット宇都宮行き 大宮駅で普通古河行きに接続 (東大宮20時49分、蓮田20時53分)
  • 上野駅 21時22分発 快速ラビット宇都宮行き 久喜駅で普通小金井行きに接続 (東大宮21時53分、蓮田21時57分)
  • 上野駅 22時20分発 快速ラビット宇都宮行き 久喜駅で普通小金井行きに接続(東大宮22時51分、蓮田22時54分)

【土休日】下り列車(東京・上野→宇都宮方面)

  • 上野駅 6時48分発 快速ラビット宇都宮行き(東大宮7時17分、蓮田7時21分)
  • 上野駅 8時00分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮8時10分、蓮田8時19分)
  • 上野駅18時29分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮18時59分、蓮田19時03分)
  • 上野19時28分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮19時57分、蓮田20時01分)
  • 上野20時25分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮20時57分、蓮田21時01分)
  • 上野21時31分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮22時00分、蓮田22時04分)
  • 上野22時20分発 快速ラビット宇都宮行き (東大宮22時51分、蓮田22時55分)

この他、平日と土休日に運転されている湘南新宿ライン系統の快速列車も同じく、東大宮駅と蓮田駅に停車します。

平日日中・昼間の上野始発と古河行きの一部が消滅へ

平日日中・昼間の時間帯に運転されている上野始発の列車と古河行きが消滅する列車があることが分かりました。現在平日昼間に毎時08分に上野始発の宇都宮行き・小金井行きが運転されていますが、東海道線から直通してくる列車とダイヤが統合される形になるため、ダイヤ改正後は平塚始発に変更されます。もう一つのパターンとしてはそれに近い時間帯で湘南新宿ライン系統の列車に変更される時間帯もあります。

また、古河行きについても、小金井行きなどに変更となる列車があります。

一部列車は行先変更・列車統合で減便へ

昼間の時間帯で特に利用客が少ないと思われる時間帯については2本の列車を廃止にして、その中間の時間帯に1本走らせるようなダイヤ改正となることが分かりました。これによって、減便というよりも時間帯が変わったと考えられやすいようなダイヤとなっています。利用客からすると減便されたという実感はあまり感じないのではないでしょうか。

また、一部の古河行きが宇都宮行きで運転されることで実質増便という見方もすることができます。また、その一方で、宇都宮行きが小金井行きになるので、あまり利用しない人にとっては影響はほぼないですが、毎日特定の列車を使う人にとっては影響があるかもしれません。

「熱海始発最終黒磯行き」と「小金井発黒磯行き」は存続が決定

今回のダイヤ改正で大幅に減便が予定されていたため、廃止を心配されているだろう列車についてですが、結論から言うと存続します。

現在東京方面発黒磯行きでグリーン車がついている列車は最終列車の黒磯行き1本のみとなっていますが、ダイヤ改正後も変わらない時刻表で運転されます。

また、元々は高崎発小山経由黒磯行きだったものを区間を分断して運転が継続されている小金井発黒磯行きの列車についても運転が継続されることが分かりました。おそらく通勤通学で使われている人もいるので、廃止の対象にならなかったのは良かったのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事