JR東日本は2021年の夏の臨時列車を発表しました。ただし、JR時刻表6月号に記載されている一部列車は新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、指定席の発売を見合わせます。

今回は目玉となる列車を紹介します。

快速海里が新潟~秋田まで延長運転

今回の目玉の一つとなっているのはリゾート海里が普段は新潟~酒田で運転されていますが、今回東北DCもあり、秋田まで延長運転を行います。

運転日は7月16、17、9月3日、4日です。

SL銀河も運転 東北DC結び号として1年ぶりに運転

今回東北DCが行われることに関連して、機関車の点検整備を行って帰ってきたSL銀河が1年ぶりに運転を再開します。また、盛岡~釜石まで運転した後、翌日回送列車として運転されていた釜石~花巻間でも営業運転を行います。

運転日は8月21、22日です。列車は全席指定席。

【夜行】2021年引退の185系 上野~土合で運転「谷川岳山開き号」

鉄道ファンの方は注目されている2021年引退の185系車両が上野~土合で運転します。運転は7月3日、7月4日で運転されます。

使用車両は185系6両で全席指定席で運転されます。また、7月3日は夜行運転となります。詳しいダイヤについては下記のリンクから参照ください。

その他、2021年夏の臨時列車

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事