JR東日本は夏の臨時列車2021を発表し、通常新潟~酒田間で運転されていますが、期間限定で秋田まで延長運転を行うと発表しました。

快速海里延長運転の時刻表・運転日は?

駅名【延長運転日】着時刻発時刻
新潟Maxとき303号(東京発7時04分、新潟着9時01分着)が接続→9時14分
秋田13時38分17時15分
新潟21時59分→とき480号に接続(越後湯沢行き・東京行きは接続なし)

こちらが延長運転となる快速海里の時刻表です。東京から来る場合、行きは2021年度引退予定のE4系2階建て新幹線に乗車することが出来ます。できればグリーン車に乗っておきたいですね。

ただし、新潟行きの快速海里に乗る場合は注意が必要で、東京行きの最終列車には接続がなく、越後湯沢までしか移動ができないため、帰りは秋田から秋田新幹線で帰るルートまたは折り返しのいなほ14号に乗車すれば東京へ帰ることが出来ます。

また、この列車は乗車券のほか、指定席券を購入すれば乗車することが出来ます。

【通常運転】快速海里 運転日・時刻表

駅名着時刻発時刻
新潟とき305号(東京7時48分発新潟9時55分着)が接続→10時11分発
酒田12時44分着(7月25日・8月22日・9月20日)、13時20分着(それ以外の日)15時00分
・16時00分(8月7、21、9月18日)
新潟18時31分着→18時54分発とき344号に接続

通常運転の快速海里の時刻表がこちらになります。特定日のみ酒田駅発時刻・着時刻が異なりますが、新潟駅発着時刻については変更ありません。

運転日は7/9~11.18.23.24.25.30.31、8/1.6.7.8.20.21.22.27.28、9/5.10-12.17.18.19.20.23-26です。(赤文字は時刻変更がある日です。)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事