JR北海道は2021年夏に特急ニセコ号を運転すると発表しました。また、2021年の夏は2020年と比較して6日運転日が増え、2021年は12日運転されることになります。

運転日・時刻表

使用車両は特急北斗でも使用されているキハ183系3両での運転となります。1号車・2号車は指定席、3号車は自由席です。

通常函館~札幌は苫小牧などを通る海側の路線を通って運転されるのがメインルートですが、この列車は毎年9月だけ、山側の「山線」を通る特急ニセコ号が運転されています。

途中の停車駅は手稲・小樽・余市・倶知安・ニセコ・昆布・黒松内・長万部・森・新函館北斗・五稜郭です。

運転は上り列車・下り列車は9月4日~6日、9日~19日運転となります。昨年比で運転日が6日増加となってます。(後半が4日運転から10日に変更)

札幌発函館行き 上り列車

駅名【札幌→函館 上り列車】着時刻発時刻
札幌入線時刻は7時53分頃です。7時57分頃
手稲同時刻8時10分発
小樽8時40分着8時44分発
余市9時07分着(アップルパイの販売があります。)9時15分発
倶知安10時01分着
(倶知安~ニセコ間では地元特産品の車内販売)
10時04分発
長万部11時27分着11時37分発
昆布10時28分着10時29分発
黒松内11時06分着11時07分発
長万部11時27分着
(名物駅弁かなやのかにめし販売・予約すると80円引き)
11時37分発
12時20分着12時21分発
新函館北斗13時18分着(13時39分発 はやぶさ32号に乗り換え可能)13時24分発
五稜郭13時35分着13時36分発
函館13時40分着

函館発札幌行き 下り列車

駅名着時刻発時刻
函館13時58分発
五稜郭14時03分着14時03分発
新函館北斗14時21分着
(13時34分着はやぶさ13号から連絡)
14時22分発
14時57分着14時57分発
長万部15時47分着15時58分発
黒松内16時17分着16時18分発
昆布16時55分着16時55分発
ニセコ17時06分着
(ニセコ~倶知安間は車内販売あり)
17時13分発
倶知安17時27分着17時13分発
余市18時20分着18時20分発
小樽18時41分着18時48分発
手稲19時14分着19時15分発
札幌19時27分着

臨時列車関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事