2021年4月13日、東急田園都市線向けの新型車両東急2020系2144F・10両編成がJ-TREC横浜事業所を出場しました。

逗子から長津田まで甲種輸送が行われた様子

今回甲種輸送が実施されたのは逗子から長津田の間で、けん引機はDE10-1662号機が担当しました。今回出場した東急2020系は24本目、今年度初の増備車となります。

東急2020系は2018年春から導入され、10両×30編成が製造される予定ですが、今回24本目となったため、あと6本で製造が終了となり、東急2020系の出場シーンも珍しいものとなりそうです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事