JR西日本は山陽新幹線新大阪~博多間で「副業」を開始すると発表しました。車内販売準備スペースに荷物を積載するということです。

「副業」は福山通運が共同で実施

今回の副業は福山通運の専用ボックスに入れた荷物を山陽新幹線車内販売準備スペースに設置し、輸送を行います。また、駅間についてはJR西日本グループが請け負うということです。

鉄道各社で貨物混載列車を運転

JR東日本や近鉄、JR九州などでも貨物混載の列車を運転する事例が増えてきています。新型コロナウイルスで環境が変わり、JR西日本でも「もう需要は戻らない」という旨のコメントもしており、今後も各鉄道会社に波及していくものと思われます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事